キヤノン イーグルス 公式サイト

新しい情報を知る

お知らせ

2017年5月1日 | 町田市、多摩市での活動報告

2017年3月から4月にかけて、イーグルス選手とスタッフは、キヤノンスポーツパークのある町田市と隣接する多摩市の両市長、および町田警察署長、町田消防署長にシーズンの報告をしました。

■町田市役所
3月に伺った町田市役所では、永友前監督が石阪町田市長や市職員のみなさまに、昨シーズンの報告を行なうとともに、町田市で行なった試合や、町田市と連携した様々なイベント等について振り返りを行ないました。
イーグルスの新体制のもと、これからも、町田市とイーグルスの協力関係を維持・発展させていきたい旨を、双方で確認しました。


永友前監督、石阪町田市長とイーグルススタッフ

■町田警察署
町田警察署を訪問し、藤永町田警察署長および署員のみなさまに昨シーズンの報告を行いました。
その後、イーグルスから町田警察署へは、町田市内の安全な街づくりに向けた警察署員のみなさまの尽力に対し、また、町田警察署からイーグルスへは新シーズンの更なる飛躍への期待について、エールの交換を行いました。
町田警察署からはキヤノンイーグルスに警察のマスコットキャラクターである「ピーポくん」のぬいぐるみを、一方、イーグルスから町田警察へは「選手のサイン入りラグビーボール」をそれぞれ進呈しました。

町田警察からいただいた「ピーポくん」は、今キヤノンスポーツパークの玄関で、選手とスタッフを見守ってくれています。


ピーポくんとイーグルスのラグビーボールを交換した後で

■多摩市役所
阿部多摩市長およびスポーツ振興に関わる市職員のみなさまに昨シーズンの報告を行いました。
また、多摩市内での更なるスポーツ振興や子供たちの健康増進を目的に、小学校でのタグラグビー教室の機会を増やすなど、多摩市とイーグルスの連携強化について情報交換を行いました。


多摩市役所でイーグルスの活動報告をしながら

■町田市役所
4月に新しい体制になられた町田市文化スポーツ振興部の市職員のみなさまが、キヤノンスポーツパークにご挨拶に来られ、今後の町田市とイーグルスの様々な連携に関し意見交換を行いました。
その後、イーグルスOBである和田拓の案内で、キヤノンスポーツパーク内の見学を行ない、ラグビー選手が日ごろいかに強度な訓練を行なっているかの説明に、市職員の方は興味深く耳を傾けられていました。


CSPを見学している町田文化スポーツ振興部のみなさま

■町田消防署
町田消防署を訪問し水野消防署長および署員のみなさまに昨シーズンの報告を行いました。
消防署はラグビーチームを有しており、消防署チームの活動をイーグルスとしても支援していくなど情報交換を行いました。
一方、5月中旬に予定している「2017年イーグルスカップ*」について、今年も消防署にご協力を依頼したところ、安全な競技大会になるよう署員配置などの協力を快諾いただけました。

*キヤノンイーグルスカップ2017
イーグルスは、町田市と多摩市のラグビースクールに通う小学生10チームによるミニラグビー大会「キヤノンイーグルスカップ2017」を、2017年 5月21日(日)にキヤノンスポーツパークで開催する予定です。

町田市、多摩市にある行政との交流や、「キヤノンイーグルスカップ」などのイベントを通して、イーグルスは地域や社会に近いチームを目指しています。

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
RUGBY TOP LEAGUE PLAYER'S BLOG
▲TOP
スマートフォン版はこちら