キヤノン イーグルス 公式サイト

社会貢献・普及活動について知る

交通安全イベントに参加しました

9月23日、秋の全国交通安全運動実施にともなう交通安全啓発活動の一環として「町田市民交通安全フェスティバル」(共催:町田市・町田警察署)が開催され、キヤノンイーグルスの上田聖選手、髙島忍選手、小林健太郎選手が参加しました。計3回の交通安全教室では婦警さん、警視庁シンボルマスコット「ピーポくん」と一緒に登壇し、ルールを守ることの大切さを伝え、多発する自転車事故に対する安全意識の向上を図りました。

また、ラグビー体験会を実施し、ラグビーの楽しさに触れてもらいました。

20190923_01.png
20190923_02.png

髙島選手のコメント
「町田市交通安全フェスティバルを通し、子ども達に交通安全の重要性とともに、イーグルスを知ってもらういい機会になりました。今後もこのような町田市のイベントに積極的に参加し、イーグルスを知ってもらい、応援していただきたいと思います」

小林選手のコメント
「子供たちに交通安全啓発ということで参加させていただきました。交通事故に巻き込まれないためにも、交通ルールを子供の時から触れておくことは非常に大切なことであり、自分自身も改めて学ぶことができました。また、ラグビー体験コーナーではラグビーワールドカップの影響もあり、ラグビーボールやタックルバッグに興味を示す子供たちがいつも以上に多かったと思います。それに加え、先日の日本代表とロシア代表の試合をテレビで観戦したという子供たちや親御さんが多く、ラグビーの認知度や関心が高くなっていると実感しました。今後もこのようなイベントを通じて、ラグビーに興味を持ってもらえるように活動していきます」

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら