キヤノン イーグルス 公式サイト

試合情報を知る

キヤノンイーグルス試合情報 2013-2014シーズン

2013.09.07 | トップリーグ 1stステージ 9月7日(土)

キヤノンイーグルス 2013.09.07 19:00
東京都 秩父宮ラグビー場
パナソニック ワイルドナイツ

23

17 前半 8
6 後半 10

18

前半 後半 前半 後半
2 0 2 T 2 1 1
2 0 2 G 1 0 1
1 2 3 PG 2 1 1
0 0 0 DG 0 0 0
NO 選手名 ポジション 選手名 NO
1 菅原崇聖 PR 稲垣啓太 1
2 山本貢 HO 堀江翔太 2
3 城彰 PR ホラニ 龍シオアペラトゥー 3
4 日高駿 LO 劉永男 4
5 ジャスティン・アイブス LO ダニエル・ヒーナン 5
6 湯澤奨平 FL 西原忠佑 6
7 清水直志 FL 若松大志 7
8 マウジョシュア No.8 ホラニ 龍コリニアシ 8
9 福居武 SH イーリ ニコラス 9
10 アイザイア・トエアバ SO マイケル・ホッブス 10
11 ハビリロッキー WTB 山田章仁 11
12 三友良平 CTB 林泰基 12
13 ティム・ベネット CTB 霜村誠一 13
14 和田拓 WTB 北川智規 14
15 橋野皓介 FB 田邉淳 15
16 金子大介 リザーブ 設樂哲也 16
17 宍戸要介 リザーブ 河野悠輝 17
18 上田聖 リザーブ 相馬朋和 18
19 鷹クロフォードアストン リザーブ 北川勇次 19
20 アダム・トムソン リザーブ 谷昌樹 20
21 髙城良太 リザーブ 小西大樹 21
22 田井中啓彰 リザーブ 木村恵輔 22
23 原田季郎 リザーブ JP・ピーターセン 23

試合結果

【前半戦】

キヤノンボールからのキックオフ

前半7分 敵陣10メートルラックから橋野が抜け出し攻め込むも、ノックオン。相手ボールからのスクラムでリスタート

前半10分 自陣22メートル地点でパナソニックが連続攻撃を仕掛けられるが、キヤノンのディフェンスに押され、ノックオン。キヤノンボールスクラムからリスタート

前半13分 パナソニックのコラプシングからキヤノンがキックを選択。ボールを大きく蹴り出し、敵陣10メートルまでゲイン。

前半15分 自陣10メートル地点でキヤノンがノックオン。相手ボールスクラムからのリスタート

前半17分 TRY [0-5]
自陣22メートル地点からパナソニックの連続攻撃にあい、右に展開され、トライ。コンバージョンは失敗。

前半21分 [0-8]
自陣10メートル付近でキヤノンのノットロールアウェイ。パナソニックはペナルティキックを選択し、成功。

前半22分 ウォーターブレイク

前半24分 [3-8]
敵陣22メートル地点でパナソニックのペナルティ。三友がペナルティキックを決める。

前半26分 ハーフウェイラインラックから自陣22メートル地点までゲインされるも、ターンオーバーし、トエアバが敵陣に大きくボールを蹴り出し、ピンチを回避。

前半31分 TRY!!! [10-8]
モールからトエアバが抜け出し、敵陣左に展開。ボールをティムにつなぎ、そのままトライ!キヤノン、本日最初のトライ。三友のコンバージョン成功。

前半34分 相手ペナルティからキックを選択し、ボールを大きく蹴り出し、敵陣ゴール前までゲイン。

前半36分 TRY!!! [17-8]
ゴール前密集からパスを受けたトエアバがインゴールにボールを蹴り出し、そこにティムが飛び込み、そのままトライ!三友のコンバージョン成功。

前半39分 ハーフウェイライン地点からトエアバが直接ドロップゴールを狙うが、惜しくも失敗。

前半終了のホーン。キヤノン、17-8のリードで折り返し

【後半戦】

キヤノンボールから後半開始

後半4分 敵陣右ゴール前でキヤノンボールスクラム。しかし、アーリーエンゲージ。

後半8分 [17-11]
自陣22メートル地点でキヤノンのペナルティ。パナソニックはキックを選択し、15番のペナルティキゴール成功。

後半8分 アイブスに代わりトムソンがイン、湯澤に代わり、鷹クロフォードイン

後半9分 キヤノンが敵陣左に攻め込むも、ノックオン。相手ボールスクラムからリスタート。

後半11分 [20-11]
敵陣22メートルラインで相手のペナルティ。三友のペナルティキック成功。

後半13分 ハビリロッキーに代わり、原田季郎イン。原田はトップリーグ公式戦デビュー

後半17分 敵陣ゴール前で連続攻撃を仕掛けるがトライにつながらず。

後半19分 福井に代わり髙城イン

後半21分 [23-11]
相手ペナルティから、キック選択。敵陣10メートルラインから三友が見事ゴール成功。

後半26分 トエアバに代わり田井中イン

後半29分 TRY [23-18]
パナソニックトライ、ゴールも決まり

後半31分 敵陣22メートルラインでパナソニックのノックオン。キヤノンボールからのスクラム。

後半34分 山本に代わり金子イン

後半35分 [23-18]
敵陣22メートルライン地点で相手のペナルティ。三友のペナルティゴールは惜しくもポストに当たり、失敗。

後半38分 キヤノンボールラインアウトからリスタート。パナソニックの猛攻を日高がインターセプト。

ここで後半終了のホーン!パナソニックボールからラストプレイ。
バナソニックの自陣ゴール前での猛攻をキヤノンが食い止め、ターンオーバーした橋野がボールを外に蹴り出し、試合終了! 23-18でパナソニックに見事勝利しました!

試合レポート

試合レポート 写真1 試合レポート 写真1

積年の願いがついに叶った!
強豪パナソニックに値千金の勝利。

「あと1プレー。なんとしても守ってくれ!」ゲームの終盤にキヤノンのサポーター全員がそう念じていた。

東芝戦をわずか2点差で逸したキヤノンに対し、王座奪回に向けて順調なスタートを切ったパナソニックとの戦い。4シーズン連続4強入りを果たしているこの強者相手に、キヤノンイーグルスはどう戦うのかに注目が集まりました。

組織的に動きフィジカルが強いパナソニックフォワードに対し、キヤノンフォワードも安定したセットプレー、ブレークダウンでも激しくプレッシャーを掛け続け、バックスに安定したボールを供給。またこの日もスタンドオフに入ったトエアバが、多彩なプレーで相手を翻弄し、ティム・ベネットの2本のトライを演出。前半を17-8で折り返しました。

この点差にもアタッキングラグビーを続けたキヤノンは、後半1トライを許すも2PGを加え、23-18と5点差のリードでノーサイドのホーン。しかし、キヤノンに逃げ切らせまいと、パナソニックの凄まじい最後のアタックが続きました。

キヤノンゴールラインまであと10m。「立ち続けてトライを防ごうと必死でした。」(日高選手)大歓声の中、集中を切らさずパナソニックの攻撃を阻止したキヤノンイーグルスが、値千金の勝利をつかみ取りました。


前半

ティム・ベネットの2トライなどで、9点差をつけて前半を折り返す

19時05分にパナソニックのキックオフで試合開始。
スタンドオフに、ニュージーランド代表として35キャップを持つトエアバの姿がある。

開始から5分は、お互いの手の内を探るような展開が続く。
しかし前半6分、ハーフウェイ付近からトエアバが吠えた。スクラムから出たボールをワンフェイントで対面の選手を抜き去り、フォローに入った選手には強烈なハンドオフを見舞って大きくゲイン。トライには至らなかったものの、この男の真骨頂を早くも披露した。

パナソニック陣でプレーを続けるキヤノンだったが、肝心なところでノックオンなどのミスが相次ぐ。しかし、フォワードの安定したセットプレー、低いタックル、プレッシャーを掛け続けるブレークダウンは、パナソニックの大男たちに引けを取っていない。

膠着状態を引き裂いたのは地力に勝るパナソニック。前半17分にトライ。さらに前半22分にPGを決め0-8。これに対しキヤノン三友がPGで3点を加え3-8。早く逆点したいキヤノンは、前半31分と36分にベネットがトライを奪った。どちらもトエアバが演出したトライだ。ボールを持つと何をしでかすかわからないトエアバが、パナソニックにペースを作らせないまま、17-8で前半が終了した。


後半

三友のPGで加点。集中力を切らさず守り切る

キヤノンのキックオフで後半開始。
守り切るのではなく、攻め抜く姿勢を続けるキヤノン。トエアバが放つ速く柔らかいパスが、バックスを大きく動かす。フォワードもボールを確実にキープしながら前進。パナソニック陣での攻撃時間が続いた。

その後、両チーム1PGを加えて20-11で後半20分、1分間のウォーターブレイク。バックスタンド左サイドから、もの凄い音量の応援が鳴り響いた。「ゴーゴーレッツゴー イーグルス!」 勝利を切望するサポーターの気持ちが爆発した瞬間だ。


反撃を守り切り歓喜の勝利

猛反撃を繰り返すパナソニック。後半29分にトライを奪いコンバージョンも決めて23-18の5点差。1トライで同点。コンバージョンも決まれば逆点になる。残り4分のところでキヤノンはパナソニック陣22mラインの手前でPGを選択。これを決めれば8点差となり、時間帯を考えるとセーフティリードとなる場面。キヤノンベンチから、勝利を確信した選手たちの笑顔が見えた。

ところが、PGがゴールポストに当たり不成功、5点差のままで残り4分。パナソニックの怒涛の攻撃が続いたが、サポーターの大声援に後押しされたキヤノンディフェンスが見事にこれを守り切り、23-18でノーサイドとなった。


コメント

【アイザイア・トエアバ】
パス、キック、ランニングプレー、そしてハードなディフェンスと、多彩なプレーを披露したトエアバ選手は「勝利に向けて全員で準備をしてきたので、自分のパフォーマンスはともかく、チームが勝てたことを嬉しく思います。久しぶりのスタンドオフもエンジョイできました。ちょっとストレスを感じることもありましたが、勝てたのでOKでしょう。キックとパスをうまく使い分け、全員がそのゲームプランを理解し、それぞれの役割を果たした結果の勝利です。次のリコーとの試合が、会社にとって違う意味で重要な試合であることは理解しています。いい仕事ができるように、金曜日までの準備をしっかりやっていきます。」

【マウ ジョシュア】
先週の東芝戦がトップリーグデビューだったマウ選手は、「東芝とのデビュー戦はかなり緊張したので、今日の方が落ち着いてプレーできました。今日はフォワードが良く働いて、いいプレッシャーを掛けられたと思います。勝つことができて本当に嬉しいです。また勝てるように頑張ります。」

【日高 駿】
最後までハードなプレーを見せ続けた日高選手は、「東芝戦の反省を反映したプラン通りに、フォワードもバックスも良くできたと思います。上位チームから勝つことを目指して、ハードな練習をしてきました。その努力が実ったことが本当に嬉しいです。次の試合も勝てるように頑張ります。」

【菅原 崇聖】
プロップとして成長著しい菅原選手は、「とにかく嬉しいです。去年スクラムトライを許した相手なのですが、ファーストスクラムでターンオーバーできました。そこですね。最後はヘロヘロになったので、最後にギアがグンっと上げられるように走り込みます。今日の勝利がまぐれだと言われないように、次のリコー戦に向けて準備をします。」

【三友 良平】
マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた三友選手は、「マン・オブ・ザ・マッチについてはチームの全員が頑張って、たまたま自分がもらっただけのことだと思っています。今日の試合はアイス(トエアバ)がリードしてくれて、バックス全体のコミュニケーションも良かったですね。さらにスキルアップして、去年負けたリコーさんにも勝ちたいと思います。」

トップリーグ1stステージは1勝1敗。勝ち点4を加え合計5としました。また得失点差は+3となり、2試合を終えてプールBの4位となっています。

次は9月13日(金)、リコー ブラックラムズとの試合が秩父宮ラグビー場(東京)で行われます。次節も会場に足をお運びいただき、熱い応援をよろしくお願いいたします。

監督・選手インタビュー

永友監督
永友監督
「選手が本当に頑張りました。また和田がキャプテンを中心に、全選手がひとつになったのが良かったですね。今日の勝利は、強化が始まってからの長い努力の蓄積による成果です。勝利は嬉しいですが、まだまだ、ハードワークを続けていきたいと思います。キヤノンのような新しいチームがラグビー界に新しい風を吹かせて、『キヤノンは何かをやる』そういったメッセージを残し続けていきたいですね。応援してくれる皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、次節も選手を勝利に導けられるように頑張ります。」
和田キャプテン
和田キャプテン
「純粋に嬉しいです。たくさん声を掛けていただき、特に最後は応援のおかげで力を出せました。試合の後に、スタンドの皆さんの喜んでいる顔を見ると、そこから『次の試合も頑張ろう』という勇気をもらえます。勝つとこんなにいいことがあることを肌で感じることもできました。そして初めて関東で勝てたので、何よりも嬉しいですね。しっかり体のケアをして、次の試合も頑張ります。引き続き応援を宜しくお願いします。」

マッチギャラリー

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら