キヤノン イーグルス 公式サイト

社会貢献・普及活動について知る

タグラグビー教室を開催しました

タグラグビー教室を開催しました

1月30日(木)、大田区立松仙小学校でタグラグビー教室を開催しました。
当日は4年生の122名とイーグルスの原田季郎選手、髙島忍選手、田中真一選手、小林健太郎選手、永富健太郎選手、三島藍伴選手、田畑凌選手の7名がタグラグビーを通して交流を深めたあと、給食も一緒にいただきました。
キヤノンイーグルスは一人でも多くの子どもたちにラグビーの素晴らしさが伝えられるよう、今後も普及活動を続けて参ります。ご声援よろしくお願いいたします。


髙島忍選手のコメント

タグラグビーを通じて、子どもたちの元気さ、明るさに選手たちも元気をもらうことができました。ラグビーを見たことのある子どもたちが大勢いたことにびっくりするとともに、ラグビーを知ってもらえている嬉しさを感じることもできました。今後もタグラグビーを継続し、イーグルスとラグビーに興味を持ってもらえるように活動していきます。

田中真一選手のコメント

最近は小学校にタグラグビー教室に行くと以前よりラグビーを知っている子、興味を持ってくれる子がとても多くなったと感じます。今回の松仙小学校でも感じました。たくさんの子がラグビーを楽しんでくれていたのでよかったです。これからもこのような活動を続けていきます。

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら