横浜キヤノン イーグルス 公式サイト

Menu
イーグルスについて知る
Menu

チームの紹介

横浜キヤノンイーグルスとは

1980年に創部したキヤノンラグビーフットボールクラブ(キヤノンRFC)の本格的な強化は、2008年から始まりました。2008-2009シーズンで関東社会人1部リーグ2位の成績を収め、ジャパンラグビートップイーストに昇格を果たしたキヤノンRFCは、2010年3月に愛称を「キヤノンイーグルス」と決定しました。「イーグルス(鷲)」は、かつて製品デザインにも使われ、現在も社章に使用しているキヤノンの伝統あるシンボルです。「鷲づかみでボールを運ぶ」「鷲のような目と鷲のような爪で勝利をつかみに行く」という強い意志が込められています。
2011-2012シーズンのトップチャレンジで1位となったキヤノンイーグルスは、念願のトップリーグ昇格を果たしました。

2022年1月に開幕を予定しているラグビー新リーグJAPAN RUGBY LEAGUE ONEでは、チーム名を「横浜キヤノンイーグルス」として、横浜市、大分県をホストエリアとして活動していくことが決定しています。
横浜キヤノンイーグルスは、企業スポーツ活動を通して「感動」をつくり出し共有することで、スポーツファンおよび地域の皆さまに親しまれるチームになることを目指しています。

チーム理念

私たちはこの3つのキーワードを胸に、フィールドの内外を問わず、
ひたむきにラグビーと向き合っていきたいと考えています

シンボルマーク

チームエンブレム
チームエンブレム
チームが使用するマークです。
チーム発足時からの理念である「尊敬・尊重」、「規律」を連想させる白をベースに、横浜キヤノンイーグルスのシンボルである 「情熱」の赤い鷲が中央で力強く羽ばたいています。どの鳥よりも高く空を飛ぶ鷲のように、勝利に向けて飛躍するという意志を表現しています。

ユニフォーム

鷲の羽根をモチーフにした、中央からV字に広がるラインパターンは チームの勝利と発展・進化を表現しています。1stジャージはチームの イメージカラーであるレッド、2ndジャージではホストエリア横浜を 想起させるブルーを採用しました。

マスコットキャラクター

Character

横浜キヤノンイーグルスのマスコットキャラクター、鷲の女の子「カノンちゃん」。
チームの24番目のメンバーとして、そして勝利の女神として、応援を盛り上げてくれるのがカノンちゃんです。
横浜キヤノンイーグルスでも、引き続きカノンちゃんをどうぞ宜しくお願いいたします!

●名前:カノンちゃん(鷲の女の子)
●出身:「いっかくじゅう座」の「わし星雲(IC2177)」
横浜キヤノンイーグルスを応援するためにやってきた「わし星雲のプリンセス」
*「いっかくじゅう座」は冬空の南の方に見える星座です。
●趣味:スポーツ観戦 地球で行なわれるラグビーは特に興味があり横浜キヤノンイーグルスが大好き。
陸上観戦も好きで、キヤノンアスリートクラブ九州も応援しています。

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
JAPAN RUGBY LEAGUE ONE オフィシャルサイト
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP

- Official Partner -


JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
JAPAN RUGBY LEAGUE ONE オフィシャルサイト
TOP LEAGUE オフィシャルサイト