キヤノン イーグルス 公式サイト

新しい情報を知る

試合情報

2016年10月20日 | 10月22日(土)13:00KO パナソニックワイルドナイツ戦の見どころ

■試合の見どころ

第8節、キヤノンイーグルスは町田市立野津田公園陸上競技場で、前節まで5勝2敗 勝ち点24で4位につけているパナソニックワイルドナイツ(以下パナソニック)と対戦します。

今シーズン、イーグルスは昨年度のチャンピオンチームのパナソニックを目標として「ビートパナソニック」のスローガンを掲げて練習に取り組んできました。しかしながら現在までの戦績は2勝5敗 勝ち点10で12位と苦しんでいます。
強みであるセットプレー、スクラムを生かした攻撃を仕掛けてきましたが、ハンドリングエラー、安易なペナルティなどで自らペースを乱してしまっています。
特に気になるのはトライ数です。現在までのトライ数は16で、トップリーグ16チーム中、下から二番目の数です。現在1位のヤマハは41、2位のサントリーは31、神戸製鋼は33、パナソニックは30とイーグルスの倍(以上)のトライをあげています。イーグルスはトライのチャンスは数多く作っていましたが、決めきれていないところが問題です。
トライ数は低いレベルにありますが、総得点は164で6番目、失点は190で10番目、得失点差は-26で9番目となります。興味深いのはPGとDG併せた数20はリーグで一番となります。ルース、三友、森谷、原田が積み上げてきた得点ですが、ここに今シーズンのイーグルスの特徴と苦戦が現れています。PG、DGで3点を積み重ねてもTRYで取り返されてしまうパターンで突き放されてきました。

パナソニックは個人の判断力、スキルが優れ、ディフェンスからターンオーバーし、得点するパターンを得意とするチームです。少人数でポイントに対応して、できるだけ立ってプレーできる人数をそろえてきます。ディフェンスのズレやスペースを与えてしまうと一気に攻め込んできます。イーグルスは一時も気を抜くことなくディフェンスラインを整備し続けなくてはいけません。
イーグルス勝利のカギを握るのはやはりセットプレー、特にスクラムになります。しっかりとプレッシャーがかけられれば相手の出足を止められます。第三列のブレイクが遅れればBKラインは余裕を持ってアタックできます。そのためには一つ一つのスクラムを集中して組んでもらいたいものです。
前節の神戸製鋼戦ではラインアウトからサインプレーでトライを奪われるシーンがありました。攻撃をしやすいラインアウトからのリスタートはチャンスも作れますが、ピンチにもなります。このプレーにも細心の注意を払って取り組んでいかなければいけません。

この日初スタメンとなる、NO.8のフォトゥ・アウエルアは満を持しての出場です。コンディションも順調に上がり、一日千秋の思いで出場を願っていました。ボールキャリアとして突破力に期待したいところです。
バックス陣では、両CTBを林と藤近という若手のコンビで挑みます。ベネット、三友とは異なる持ち味が出せるか、期待しましょう!また、SOはルースが務めます。キックでエリアを獲得してPG、DGで得点を重ねる組み立てに加え、ラインを生かすプレーに期待したいところです。

この試合、今シーズン町田で行われる2回目の公式戦となります。
イーグルスのホームグラウンド近くの競技場で行われるアドバンテージを生かして、チャレンジしてくれるでしょう!3勝目をかけて思い切り戦ってくれるはずです。みなさまの応援をよろしくお願いします。


■メンバー

NO 氏名 出身校 身長 体重 年齢
1 東恩納 寛太 帝京大学 178 116 23
2 庭井 祐輔(キャプテン) 立命館大学 174 100 24
3 レイルア マーフィー 山梨学院大学 185 108 27
4 アニセ サムエラ★ Fiji National University 198 118 30
5 宇佐美 和彦 立命館大学 197 112 24
6 杉永 亮太 帝京大学 184 100 24
7 嶋田 直人 立命館大学 183 98 25
8 フォトゥ・アウエルア★ Trinity Grammar High School 189 115 32
9 天野 寿紀 帝京大学 170 80 25
10 ジャンクロード・ルース★ High school Waterkloof RSA 183 94 26
11 原田 季郎 早稲田大学 164 70 26
12 藤近 紘二郎 早稲田大学 180 85 24
13 林 大成 東海大学 176 85 24
14 和田 拓 慶應義塾大学 176 84 28
15 ウィリー・ルルー Paul Roos Gymnasium High School 186 90 27
16 金子 大介 慶應義塾大学 175 98 28
17 五十嵐 優★ 東海大学 171 101 22
18 山路 泰生 神奈川大学 180 105 31
19 湯澤 奨平 成城大学 186 105 28
20 アダム・トムソン Christchurch Boys' High School 196 112 34
21 野口 裕也★ 正智深谷高校 173 90 30
22 マイケル・ボンド North Brisbane RC 179 96 28
23 小野澤 宏時 中央大学 180 85 38

★は新加入選手
※メンバーは変更する場合があります。

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら