キヤノン イーグルス 公式サイト

新しい情報を知る

お知らせ

2013年5月13日 | 【速報】先週の試合で城選手が一軍に抜擢され試合に出場しました

キヤノンオーストラリア駐在員よりの観戦レポート
キヤノンオーストラリア駐在員よりの観戦レポート

(キヤノンオーストラリア駐在員よりの観戦レポートをご覧ください)

城選手が、1st Grade(1軍)での試合出場を果たしました。
*Uni.はNSW州プレミアシップリーグで2005年以降、6連覇も含み7回も優勝している強豪チームです。

城選手の留学当初は4th(4軍)からスタートし、ここ2週間は3rd(3軍)に定着していたが、1st(1軍)のヘッドコーチにその活躍を認めれ、いきなり2nd(2軍)を飛び超えてリザーブメンバーながら1stに抜擢されました。

対戦チームは今期好調で5戦を終えて首位を走る"Northern suburbs"( シドニー北部地区に本拠を置くチーム)。
既に3敗を喫しているUni.(2勝3敗)としては絶対に負けられない試合です。
「Tim Davidson (No8, キャプテン)とTom Carter (CTB, バックスリーダー) の試合前の選手への気合の入れ方が凄かったです。」(城選手談)の通り、Uni.は最初から猛タックルを連発し、試合の主導権を握り、後半30分で41-13と大差がついたところで、城選手に出番が回って来ました。
ついに、イーグルスの城選手が、ワラビーズ・州代表選手がプレーする、同じピッチに立ちました。

プロップというポジション柄、ボールを持つ場面はなかったが、10分間、スクラム・ラインアウトは言うまでもなく、ボールフォローも含め堅実なプレーを披露しました。

試合終了後、両チームが列を作ってお互いに健闘を称え合う"花道"では、この試合で1軍デビューを果たした城選手がチームメートに促され先頭で送り出されました。

この出場は城選手にとって、1軍チームメンバーしか入れない試合前ロッカールームの雰囲気や、試合に向けた精神の高め方を体感し、何よりも貴重な経験になったはずです。

留学終了まで、まだあと6週間。
更に貴重な経験を積み重ね、秋のトップリーグでの活躍にご期待ください。

ラグビー共和国(ラグビーマガジン社)でも公開されています

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら