キヤノン イーグルス 公式サイト

新しい情報を知る

お知らせ

2016年2月12日 | 宇佐美選手がスーパーラグビーに参戦する日本チーム「サンウルブズ」のメンバーに(13日のチャリティーマッチにも出場!)

スーパーラグビーに参戦する日本チーム「サンウルブズ」にキヤノンイーグルスの宇佐美和彦選手が加わることになりました。

宇佐美選手は2014年に立命館大学からキヤノン入り、2014-2015シーズン、2015-2016シーズンの2シーズン、ジャパンラグビートップリーグで、イーグルスのロックとして活躍しています。また昨年日本代表候補として招集され、残念ながらワールドカップメンバーには入れませんでしたが、国際マッチには出場し日本代表キャップを4つ持っています。

「サンウルブズ」は今年から世界最高峰のラグビーリーグである「スーパーラグビー」に参戦します。
「スーパーラグビー」とは、オーストラリア(5チーム)、ニュージーランド(5チーム)、南ア(6チーム)、アルゼンチン(1チーム)、そして日本(1チーム)の5カ国から集まった全18チームが4つのカンファレンスに別れリーグ戦を行い、カンファレンスを超えた交流戦も行い、最終的にトーナメントで優勝を決める、まさにスーパーなリーグです。
「サンウルブズ」には、堀江選手(キャプテン)、稲垣選手、大野選手、日和佐選手、田村選手、立川選手、真壁選手、三上選手、山田選手らワールドカップメンバーが多く参加します。
もともと日本代表チームの強化策の一環として、日本代表に近い形のメンバーでスーパーラグビーに参戦するという狙いがあったので、サンウルブズのメンバーに選ばれるということは日本代表に選ばれることに近い意味合いがあります。

そんなチームに宇佐美選手も加わることになりました。北半球でのラグビーシーズンが終わってから、本来であれば7月まではオフ、自主トレ、チーム練習、プレシーズン(練習試合)、等で過ごすわけですが、この期間に南半球で試合をすることになります。
ハードなスケジュールであることには違いありませんが、この経験を通じて宇佐美選手がどのように成長・進化するのか楽しみなところです。

サンウルブズは2月13日に「トップリーグオールスター『FOR ALLチャリティーマッチ2016』」でトップリーグ選抜チーム(トップリーグXV)と対戦(宇佐美選手は、早速この試合のメンバーに選出)、27日にホームの日本・秩父宮ラグビー場で、南アの強豪ライオンズとの開幕戦に臨みます。
以降、日本、シンガポール、南ア、オーストラリア等の地で対戦を繰り広げます。
宇佐美選手の活躍にご期待ください。そして宇佐美選手への応援をよろしくお願いします。

※スーパーラグビーの詳しいスケジュール等

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら