横浜キヤノン イーグルス 公式サイト

Menu
新しい情報を知る

お知らせ

2020年11月2日 | キヤノンイーグルスのホストエリア発表について

キヤノンイーグルス

キヤノンイーグルスは、2022年1月に開幕が予定されているラグビー新リーグより、横浜市をホストエリアにすることを決定しました。

キヤノンイーグルスは、2022年より、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場ならびに日産スタジアムで公式戦を開催するほか、横浜市でラグビーの普及活動や、競技者の育成サポート、地域貢献等の幅広い活動を行います。さらに、横浜スポーツパートナーズに加入し、他の競技団体とも協力しながら、横浜市におけるスポーツ振興にも積極的に参加していきます。

日本ラグビー発祥の地である横浜市は、アジアで初めて開催されたラグビーワールドカップ2019™の決勝戦を含む6試合の会場となり、また日本代表が強豪スコットランド代表に勝利し、初のベスト8進出を決めた記念すべき場所でもあります。キヤノンイーグルスは、こうした国際大会のレガシーを引き継ぎながら、横浜市とともにラグビーのさらなる普及と振興に取り組んでまいります。

なお、チーム練習は引き続きキヤノンスポーツパーク(東京都町田市)で行い、周辺地域における地域貢献活動も継続します。


林文子市長コメント

日本最高峰のジャパンラグビートップリーグに参戦されているキヤノンイーグルス様のホストエリアに、横浜をお選びいただき大変光栄です。皆様を心より歓迎いたします。 横浜市は、ラグビーワールドカップ2019™で大きく盛り上がった、この機運を決して途切れさせることなく、市民の皆様のラグビー観戦の機会拡大、チームの皆様の学校訪問や体験会などを通じて、キヤノンイーグルスの皆様とともに、横浜にしっかりと定着させていきます。

開港からわずか14年後の1873年、この横浜で、日本で初めてラグビーの試合が行われました。日本ラグビー発祥の地である横浜の新たな歴史を、キヤノンイーグルスの皆様と御一緒に作り上げてまいります。

キヤノンイーグルスコメント

岡本芳弘 ラグビー部長 コメント

日本ラグビー発祥の地であり、ラグビーワールドカップ 2019™で多くの興奮と感動の舞台となった横浜市様にホストエリアになっていただけますこと、大変光栄であり嬉しく思います。

キヤノンイーグルスは、2022年より、横浜で公式戦を行うほか、ラグビーの普及や、競技者の育成サポート、スポーツを通じた地域貢献など幅広い活動を行ってまいります。勝利の「喜び」と「感動」を共有し、ラグビーに親しみ、楽しんでいただける機会を増やすことで、多くの皆さまに愛され、応援していただけるチームになることを目指してまいります。

永友洋司 GM コメント

キヤノンイーグルスは、夢を与えられるチームになりたいと考えています。沢木新監督には、日本人でもここまで出来るのだと、日本人の指導者に夢を与えて欲しいですし、選手達には、グランド内でも躍動する姿を見せることで、子供達に目標や夢を与えて欲しいと願っています。

横浜市は、全国を勝ち取った、桐蔭学園高校ラグビー部、慶應義塾大学體育會蹴球部、関東学院大学ラグビー部を中心にラグビーが盛んな地域です。横浜市内の学校への取組み、ラグビーチームと一緒に地域への貢献活動等、「勝利のための努力」とともに、「社会から認めて貰う努力」が私達の新しい責任と捉え、スポーツの力で地域の活性化のお手伝いをさせて頂きます。

キヤノンイーグルスは良いチームだと思って頂ける様な、夢を与えられるチーム作りを目指してまいります。

田村 優 主将 コメント

横浜市でキヤノンイーグルスがプレーできることを僕も楽しみにしています。W杯を超えるインパクトを与えられるように、今、皆で練習を頑張っているところです。ファンの皆さまと勝利の喜びを共有したいと思っています。

横浜市で戦うキヤノンイーグルスに、ご声援をどうぞよろしくお願いします。


JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
JAPAN RUGBY LEAGUE ONE オフィシャルサイト
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP

- Official Partner -


JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
JAPAN RUGBY LEAGUE ONE オフィシャルサイト
TOP LEAGUE オフィシャルサイト