キヤノン イーグルス 公式サイト

社会貢献・普及活動について知る

高校生との国際理解教育 活動報告

イーグルス選手が国際理解教育(遠隔交流授業)で講師に!

キヤノンイーグルスの4選手 エドワード・カーク、フレッド・ゼイリンガ、フィリップ・ヴァン・ダー・ウォルトとジャン・デ・クラークが、大分県にある2つの高校とネットワークを介して国際理解教育授業を行いました。
「大分県で開催が決まったラグビーワールドカップ2019の成功に向けて、多くの子どもたちが国際理解を深めるとともに、ラグビーへの関心が高まり、ラグビーファンとなるように」という「ラグビーワールドカップ2019大分県推進委員会」の思いから、この授業は実現しています。

遠隔交流授業は、次の2校とキヤノンスポーツパークの間でそれぞれ約1時間行われました。

・10月31日(水) カークとゼイリンガ
学校法人平松学園 大分東明高校

・11月22日(木) ヴァン・ダー・ウォルトとデ・クラーク
学校法人岩田学園 岩田高校

学校法人平松学園 大分東明高校との授業風景

学校法人岩田学園 岩田高校との授業風景

授業は英語で進められ、最初は互いに遠慮がちでしたが、交流が深まるにつれて笑顔が出てくる充実した1時間となりました。

このような機会をイーグルス選手に与えてくださった関係者の皆様に感謝します。
イーグルスは、これからも色々な場面でラグビー普及活動や地域の活動に参加します。

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら