キヤノン イーグルス 公式サイト

社会貢献・普及活動について知る

放課後ラグビー「東京町田クラス」やってます!

2015年10月20日に行われた第6回放課後ラグビー「東京町田クラス」の集合写真
2015年10月20日に行われた第6回放課後ラグビー「東京町田クラス」の集合写真

文部科学省「2019年ラグビーワールドカップ普及啓発事業・モデルづくり事業」として今年全国に9つの放課後ラグビーのクラスが設けられました。
この事業には、2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップにむけて、日本のラグビー競技人口を増やし、ラグビーの強化と普及を進めたいという大きな狙いがあります。実際に日本ではクラブ活動としてラグビーを行う中学校が少なく、小学生の時にラグビースクールなどでラグビーに親しんだ子供たちが中学でやめてしまうケースが少なくないといいます。その年代に対し、質の高いラグビーの機会を提供する目的で、この事業、放課後ラグビープロジェクトがあります。

キヤノンイーグルスではこの事業の趣旨に賛同し、町田市小野路町にあるキヤノンスポーツパークを開放し、今年9月から12月にかけて全12回の「東京町田クラス」を開催しています。
参加している子供たちは約30名(小学校高学年から中学生まで)で、毎週火曜日の午後6時30分から8時30分までの活動です。

このクラスにはメインコーチとして小畑江至氏(おばたこうじ 指導者資格:日本ラグビーフットボール協会 強化コーチ資格/World Rugbyエデュケーター/日本協会リソースコーチ)が、そしてアシスタントコーチとして瓜生靖治(うりゅうやすはる 元日本代表、キヤノンイーグルススタッフ)が毎回指導し、各回キヤノンイーグルスのコーチや選手たちがサポートするようにしています。

小畑コーチの説明を熱心に聞く子供たち、分かりやすい説明を心がけている瓜生コーチ

特に中学生となり自分の通う学校のクラブ活動にラグビーがない子供たちにとっては貴重な時間であるようで、クラスに来ている中学生たちに話を聞くと「○○高校のラグビー部に入ることが夢です。こういう機会を設けてもらい一流のコーチ、トップリーグプレイヤーから直接教えてもらえることは夢のようです。」と目を輝かして答えてくれる子供たちが多くいました。実際「この町田クラスに参加している子供たちの意欲・レベルは高いと思います」と小畑コーチ。

全体スケジュールの半分を終えたところですが、参加している学校やラグビースクールの違う子供たちもとても仲良くなり、毎回このクラスを楽しんでいるようでした。これからますます日も短くなり寒さも厳しくなりますが、このクラスに集まった子供たちなら12月の最終回まで乗り切り、レベルアップすること間違いなしです。このクラスから将来のトップリーグプレイヤーあるいは日本代表選手が出ることを期待しましょう!

練習後半にイーグルスFWメンバーが登場、ジャッカルゲームのルールを説明する菊谷選手

子供たちに分かりやすい説明をする湯澤選手、子供たちのプレーを見つめる庭井選手

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら