キヤノン イーグルス 公式サイト

社会貢献・普及活動について知る

タグラグビー教室 大田区立矢口東小学校に行ってきました。

10月28日(水)、大田区立矢口東小学校を訪問し、6年生を対象にタグラグビー教室を実施しました。今回は橋野選手、吉田選手、上田選手、天野選手、芦谷選手、高島選手、そしてスタッフから小西の計7名がコーチを務めました。

10月にイングランドで行われたラグビーワールドカップでの日本代表の健闘の影響は大きく、「ラグビーを見たことがある人?」と聞くと、一斉に手が挙がるほど。ラグビーの認知度が上がってきているのを感じました。選手によるデモンストレーションにも興味津々!

当日は秋とは思えないほど気温が高く、夏日の気候。授業の後半、選手たちは少しバテ気味に見えましたが、子どもたちは元気いっぱいでグラウンドを駆け回っていました。子どもたちのスタミナにびっくり!

担任の先生からは、
「選手の皆さんが明るい声でお手本を示してくれたので、子どもたちも前向きな姿勢で取り組めました。ただ球技をする、というのではなく、コミュニケーションやチームプレイが必要なことを学べました」(1組 草なぎ先生)
「タグラグビーはルールも簡単で、みんなが活躍できるところがいいですね」(2組 茂泉先生)
とコメントをいただきました。

茂泉先生、高橋校長先生、草彅先生

選手も子どもたちと一緒に、楽しい時間を過ごさせていただきました。
矢口東小学校の皆さん、有難うございました!!

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら