キヤノン イーグルス 公式サイト

社会貢献・普及活動について知る

タグラグビー教室を開催しました

タグラグビー教室を開催しました

2月5日(水)、多摩市立南鶴牧小学校でタグラグビー教室を開催しました。
当日は6年生の100名とイーグルスのマイケル・ボンド選手、エドワード・カーク選手、 上原哲選手、小林健太郎選手、三島藍伴選手、占部航典選手、田畑凌選手、大崎勇介スタッフの8名がタグラグビーを通して交流を深めたあと、給食も一緒にいただきました。
キヤノンイーグルスは今後もラグビー普及活動に積極的に取り組んでいきます。

20200205_15.jpg


エドワード・カーク選手のコメント
南鶴牧小学校を訪問し、キヤノンイーグルスやラグビーについて教えることができて、とても良い経験になりました。また、子供達と走り回ってゲームができたことが、すごく楽しかったです。生徒の皆さんが温かく迎え入れてくれたので、本当に良い時間を過ごせました。特にクラスで一緒に食べた給食は貴重な経験になりました。

マイケル・ボンド選手のコメント
生徒さんたちはラグビーに対して前向きに学ぼうとしてくれたので、楽しかったです。日本の給食は初めてだったので、クラスで役割分担をしてお互いの給食を準備していたことに驚きました。タグラグビーを教えることだけでなく、日本の小学校生活も体験できたので生徒の皆さんに感謝しています。

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら