キヤノン イーグルス 公式サイト

試合情報を知る

キヤノンイーグルス試合情報 2014-2015シーズン

2015.01.04 | トップリーグ 2ndステージ 1月4日(日)

キヤノンイーグルス 2015.01.04 14:05
東京都 駒沢陸上競技場
パナソニック ワイルドナイツ

13

13 前半 13
0 後半 25

38

前半 後半 前半 後半
1 0 1 T 5 2 3
1 0 1 G 2 0 2
2 0 2 PG 3 1 2
0 0 0 DG 0 0 0
NO 選手名 ポジション 選手名 NO
1 菅原崇聖 PR 稲垣啓太 1
2 庭井祐輔 HO 室井達彦 2
3 城彰(FWリーダー) PR 川俣直樹 3
4 日高駿 LO 谷田部洸太郎 4
5 宇佐美和彦 LO ダニエル・ヒーナン 5
6 レイルアマーフィー FL 劉永男 6
7 カール・ロウ FL 西原忠佑 7
8 菊谷崇 No.8 ホラニ龍コリニアシ 8
9 天野寿紀 SH 田中史朗 9
10 和田拓(キャプテン) SO ベリック・バーンズ 10
11 原田季郎 WTB 山田章仁 11
12 マイケル・ボンド CTB 林泰基 12
13 ティム・ベネット CTB 百武優雅 13
14 菅谷優 WTB 北川智規 14
15 森谷直貴 FB 笹倉康誉 15
16 山本貢 リザーブ 堀江翔太 16
17 宍戸要介 リザーブ 木川隼吾 17
18 山路泰生 リザーブ 千島和憲 18
19 湯澤奨平 リザーブ 三上匠 19
20 嶋田直人 リザーブ 谷昌樹 20
21 福居武 リザーブ 内田啓介 21
22 藤近紘二郎 リザーブ 野口裕也 22
23 藤本健友 リザーブ 三輪忠寛 23

試合レポート

トップチームの力を見せつけられ無念の敗北、しかし次代のキヤノンを担う新戦力にとって大きな成果

2ndステージ第6戦は、今シーズンも群雄割拠のトップリーグを頭一つリードしているパナソニック ワイルドナイツ(以下パナソニック)。昨年、パナソニックから唯一勝利を奪ったキヤノンが再びジャイアントキリングに挑戦した。

パナソニックに先制のPGを許した後、組織立ったDFからアタックに転じたキヤノンFWがジリジリとボールを前に運び、最後はトップリーグ初出場のFLレイルアマーフィーがトライを奪った。この日キッカーを任されたWTB原田がキックをしっかり決めて7-3。直後にトライを許し7-8とされるも、その後原田が2本のPGを決め13-8と再逆転。しかし前半残り3分でパナソニックにトライを取返され13-13の同点で前半を折り返した。
後半、先に得点して勝利へのいい流れを作りたいキヤノンだったが2分にトライを許し、その後もパナソニックは奮闘するキヤノンDFの僅かな隙を逃さないアタックでトライを積み重ねた。キヤノンは全リザーブ選手を投入し何度も反撃を試みたが、パナソニックの厚いDFの壁を突破することはできず、13-38でノーサイドとなった。


前半

デビュー戦でしっかりトライ
立ち上がりから安定したセットピースとDFを続け、昨年の王者パナソニック相手に互角の試合運びを見せたキヤノン。0-3の場面で、この日ついにトップリーグデビューを果たしたFLレイルアマーフィーが自慢のフィジカルを活かしたプレーでトライを奪った。「ようやく試合に出ることができました。試合前はちょっと緊張しましたが、チームのために自分の仕事をすることだけに集中しました。トライできたのはみんなのおかげです。ラッキーでした。」(レイルア マーフィー選手)
その後もキヤノンFWは積極的にプレッシャーを掛け、No.8菊谷、FLカール・ロウを中心に相手ボールをターンオーバーした。BKもこの日SOに入ったキャプテン和田がロングゲインでチャンスを作り、ティム・ベネットは要所でハードタックルを決め相手のアタックの流れを遮断した。個々の持ち味を存分に発揮することで、試合は拮抗した展開が続いた。

SOで出場したキャプテン和田(左)3本のキック全てきめたWTB原田(中)攻守にわたり活躍したCTBベネット(右)


キックでもしっかり得点

三友に代わってこの日キッカーを務めたWTB原田が3本のキックを全て決め、この日はキックによる得点でチームに貢献した。「相手がインターセプトを狙っていたので、走る機会が少なくトライはできなかったのですが、キックは練習でも調子が良くその通りに蹴ることができました。」(原田選手)

前半を同点で折り返したキヤノン。先週の東芝戦では後半に得点できなかった。その課題を克服するパフォーマンスが期待された後半に突入した。


後半

得点ができないまま無念の敗北
とにかく先制点が欲しいキヤノンだったが、開始早々2分にトライを献上する悪い入り。それでもすぐさまFWを軸とした激しいアタックでチャンスを作り、必死のDFで失点を防いでいたのだが、16分に奪われた後半2つ目のトライからは試合の流れを取り戻せなくなった。

試合後の選手たちからは、「細かい運動量や意識に差がありました。」(WTB原田選手)「これまでに経験したことのない凄いタックルを2発受けました。きつかったです。」(LO宇佐美選手)「前半は低いスクラムを組むプランが実行できて全体に悪くなかったのですが、相手のHOが堀江さん(日本代表)に代ってからスクラムが変わり、流れを持って行かれた感じがありました。」(HO庭井選手)

結局後半は0-25と力の差を見せつけられた結果に終わった。それでも出場のチャンスを得た若い選手たちの貴重な経験は、今後のキヤノンの成長にも繋がる大きな成果があった。「とにかく何かやってやろうと試合に臨みました。次はやりたいことがしっかりできるように頑張ります。」(初出場WTB藤本選手)「スタメンで出られて次への大きなモチベーションになります。」(初スタメンWTB菅谷選手)「(パナソニックSH田中選手と対戦して)『やはりうまいな』と思うところが多く、今日の凄い経験を活かしてこれからも頑張ります。」(SH天野選手)

突破力を見せたHO庭井(左)初スタメンのWTB菅谷(中)BK、FWを動かすSH天野(右)


コメント

No.8菊谷選手【No.8菊谷選手】
「後半に自分たちがやってきたことができなくなり、自分たちのラグビーが崩れることが後半に失速する原因です。しんどい時にこそ動ける我慢強さがもっと必要です。でも毎試合少しずつレベルアップしてきているので、次の試合で勝ってそれを形にすること。そして日本選手権の出場枠を取って去年の成績を越えられるように、変わらずに自分たちのやるべきことを継続していきたいと思います。」

これでトップリーグ2ndステージは1勝5敗。この試合の勝ち点の追加は無く8点のまま。この結果、現時点でグループAの順位は7位となっています。

次の試合は1月11日(日)、秩父宮ラグビー場(東京)で神戸製鋼コベルコスティーラーズと対戦します。(14時KO)この試合が2ndステージの最終戦となります。会場へ足をお運びいただき、熱い応援を宜しくお願いいたします。

監督・選手インタビュー

永友監督
永友監督
「前半は戦術云々というより選手が本当に良く頑張りました。後半も選手は頑張ったのですが点を取り切れず、流れが戻せない展開になったのは、改めて準備が不十分だったことを感じさせられました。今日は若い選手が多く出場しましたが、今日の経験を「良かった」で済まさず、もう一度このジャージを着ることに本気で取り組んで欲しいですね。次の神戸戦はチャレンジャーらしくアグレッシブに前に出るプレーをし、しっかり戦いたいと思います。」
和田キャプテン
和田キャプテン
「SOとして自分のゲームコントロールが不十分でした。分かったことも多いので、今日の経験を次に活かしたいです。パナソニックの後半の修正力は本当に凄くて、やるべきことが明確で焦りがなく、やはり『うまいな』と感じました。ここまでの試合からたくさんのことを学んできているので、その成果を来週の神戸戦の勝利に結び付けたいと思います。」

マッチギャラリー

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら