MATCH試合

2021.11.11 thu 練習試合3

2021.11.11
横浜キヤノン
イーグルス
横浜キヤノンイーグルス
50
FULL
TIME
5
宗像サニックスブルース
宗像サニックスブルース
横浜E
練習試合3 実相寺多目的グラウンド
練習試合3 実相寺

試合概要

キックオフ日時 2021.11.11 木 13:00
試合会場 実相寺多目的グラウンド
所在地 大分県
天候
ピッチ状態
入場者数

試合記録

横浜キヤノンイーグルス
横浜E
宗像サニックスブルース
50 10 前半 5 5
40 後半 0
前半 後半
2 8
0 0
0 0
0 0
0 0
10 T 1
0 G 0
0 PT 0
0 DG 0
0 PG 0
前半 後半
1 0
0 0
0 0
0 0
0 0

メンバー

選手名 No. POS. No. 選手名
五十嵐優 1 PR 1 長谷川 寛太
朴成浩 2 HO 2 高島 卓久馬
松岡将大 3 PR 3 猿渡 康雄
コーバス・ファンダイク 4 LO 4 牧野内 翔馬
ソセフォ・ファカタヴァ 5 LO 5 花田 広樹
占部航典 6 FL 6 鶴岡 怜志
吉田大亮 7 FL 7 吉田 光治郎
安井龍太 8 NO.8 8 ジョセフ・トゥペ
天野寿紀 9 SH 9 三股 久典
永富健太郎 10 SO 10 屋宜 ベンジャミンレイ
山本雄貴 11 WTB 11 今村 雄太
ハヴィリリッチー 12 CTB 12 王 授榮
田畑凌 13 CTB 13 トロケ マイケル
高木一成 14 WTB 14 石垣 航平
山田聖也 15 FB 15 八文字 雅和
岡部崇人 16 R 16 申 東源
髙島忍 17 R 17 加藤 一希
津嘉山廉人 18 R 18 ファイアラガ 望 サムエル
コリー・ヒル 19 R 19 隈本 浩太
アニセサムエラ 20 R 20 西井 利宏
サウマキ 21 R 21 野田 響
嶋田直人 22 R 22 殿元 政仁
アマナキ・レレイ・マフィ 23 R 23 新井 信善
荒井康植 24 R 24 濱里 耕平
小倉順平 25 R 25 木下 皓太
竹澤正祥 26 R 26 香川 凜人
梶村祐介 27 R 27 森林 啓斗
南橋直哉 28 R 28 岩下 丈一郎
ヴィリアメ・タカヤワ 29 R 29 山田 大生
エスピー・マレー 30 R 30 髙野 恭二
安昌豪 31 R 31
三好優作 32 R 32
東恩納寛太 33 R 33
船木頌介 34 R 34
田中真一 35 R 35
久保克斗 36 R 36
杉永亮太 37 R 37
山菅一史 38 R 38
松山光秀 39 R 39

宗像サニックスブルースとの練習試合レポート(11月11日 KO13:00)

11月5日からスタートしたキャンプも7日目。大分合宿の集大成、横浜キヤノンイーグルスにとっては自分たちが模索し、積み重ねてきたプレーを体現する格好の試合となった。
尚、この試合ではコンバージョンキックは行わなかった。


■前半

開始早々から攻め込むイーグルス。宗像サニックスブルース(以下、宗像B)陣ゴール前ラインアウトからモールで押し込むが、ノックオン。なかなかペースを掴むことができない。それでもペナルティから再び相手陣内に攻め込むも、途中から降りだした雨の影響もあり、ボールが手につかず、トライに結びつけることができない。

前半22分。相手が蹴り出し、敵陣でイーグルスボールのラインアウトを獲得。モールを選択し、最後はHO朴成浩選手がグラウンディングしトライ。(5-0)

左スクラムから、連続攻撃で敵陣に入りこむ。たまらず宗像Bは反則を犯し、イーグルスはラインアウトを選択。モールを形成しアドバンテージを獲得し、左右に大きくボールを展開、最後はCTB田畑凌選手がトライ。(10-0)

リスタート後もキックを蹴らず、自陣から積極的に攻めるイーグルス。しかしパスが乱れそれを宗像Bに拾われそのままトライを許す。(10-5)

その後、何度も攻守が入れ替わるが、お互い得点には結びつかず、10-5で前半を折り返す。

■後半

前半からメンバーを全員入れ替え臨んだ後半、開始早々から攻める姿勢を崩さないイーグルス。

後半3分、ボールを継続して敵陣に攻め込み、ラインアウトを獲得。FWの連続攻撃で、No8アマナキ・レレイ・マフィ選手からパスを受けたPR岡部崇人選手が3人をかわしトライ。(15-5)

後半7分、相手ボールラインアウトでLOコリー・ヒル選手がボールを奪い、それを繋ぎ最後はWTB竹澤正祥選手がトライ。(20-5)

後半9分ラインアウトからFWとBKが一体となり、流れるようなアタックからWTBヴィリアメ・タカヤワ選手がトライ。(25-5)

後半12分にも再びタカヤワ選手が2人をハンドオフでかわして連続トライ。(30-5)
その後、宗像Bに攻め込まれ、自陣に釘付けになるも粘り強いディフェンスでゴールを割らせない。

後半28分、相手ペナルティから敵陣22m左でスクラムを獲得。そこからBKのサインプレーが繋がり、WTB竹澤選手が本日2本目のトライ。(35-5)

後半31分、敵陣ゴール前ラインアウトからラインアウトモールでHO髙島忍選手がトライ。(40-5)

後半39分にはSO小倉順平選手の個人技で抜け出しトライ。さらに後半40分にも相手ディフェンスを崩したところから、裏へのキックに反応したLOサウマキアマナキ選手がトライ。(50-5)

後半も終始攻め続け、終わってみれば10トライを奪い、大勝となった。

今回の合宿を通して、さらにチームとして一体感が増したイーグルス。まだまだミスはあるものの、常に攻める姿勢が随所にみられ、全選手が同じ方向を向いてプレーし、結果として多くのトライを積み重ねることができた。

来年開幕のJAPAN RUGBY LEAGUE ONE、横浜キヤノンイーグルスは再び3月に大分の地で試合を行う。常に勝利にこだわり、Exciting & Quality Rugbyを体現するために更なる成長を期待したい。