キヤノン イーグルス 公式サイト

新しい情報を知る

試合情報

2015年1月2日 | 1月4日(日)14:05KO パナソニックワイルドナイツ戦の見どころとメンバー

■見どころ

2ndステージ第6節、イーグルスの対戦相手は現在グループAの首位、強豪パナソニックワイルドナイツ(以下パナソニック)です。
パナソニックは第5節でサントリーに45:8と圧勝しています。イーグルスは第4節でそのサントリーに途中まで善戦したものの28:47と突き放されました。
パナソニックの仕上がりは最高の状態といっても過言ではないでしょう。崩れることのないディフェンス網、一つ一つのタックルもしっかりとコンタクトしてきます。攻守が変わると一気にギアチェンジをして相手の裏に出ます。全員の意識が統一されているためフォローが途切れることがありません。この困難な相手に対してイーグルスがどう挑むのか、どのような戦いができるのか期待しましょう。

イーグルスは前節の課題であったセットプレーのスクラムを安定させなければいけません。FWの前5人は前節から変わっていません。この5人が塊となりそこにバックロー*1が楔を打つようにスクラムが組めれば崩される恐れは減少します。
FLには今シーズン初出場となるレイルア マーフィーが入ります。イーグルス加入3年目となり、昨年日本に帰化をしている選手です。今シーズンは怪我のため出遅れましたが、強烈なタックルでピンチを防ぐキープレーヤーです。アタックでも体を生かしたコンタクトでボールを前進させてくれるでしょう。
初のスターティングメンバーとなるのがWTB菅谷優です。大学時代はスピードスターとして彼のランプレーは期待されていました。前節の東芝戦ではリザーブから後半出場し良い動きを見せました。この試合、原田季郎と左右のWTBを担います。スペースが得られれば勝負の場面が観られるでしょう。思い切った走りを見せてもらいたいものです。
イーグルスのハーフ団は初先発の天野(SH)とキャプテンの和田(SO)が務めます。初めてのコンビですが相手に臆することなく自分たちのプレーに徹することが大切です。
そしてどの試合でも言えることですが、特にこの試合は先制攻撃でリードする展開を期待しましょう。相手のリードを巻き返すのは厳しいものです。

2015年最初の試合、イーグルスの力が発揮できるよう応援お願いします。

スクラムの立て直しができるか(FW陣)、スピードランナーの本領を発揮できるか(菅谷)

先発出場でFW、BKをどう動かすか(天野)、この試合のキープレーヤーとなるか(レイルア)

*1バックロー:FW8人のうち、FL(6番、7番)とNo.8の3人のこと

■メンバー

NO 氏名 出身校 身長 体重 年齢
1 菅原 崇聖 同志社大学 175 105 27
2 庭井 祐輔★ 立命館大学 174 98 23
3 城 彰 明治大学 176 120 26
4 日高 駿 明治大学 190 100 24
5 宇佐美 和彦★ 立命館大学 197 110 22
6 レイルア マーフィー 山梨学院大学 184 105 26
7 Karl Lowe★ St. Johns School, Hastings 181 104 30
8 菊谷 崇★ 大阪体育大学 187 100 34
9 天野 寿紀 帝京大学 169 79 24
10 和田 拓(キャプテン) 慶應義塾大学 175 83 26
11 原田 季郎 早稲田大学 163 67 24
12 Michael Bond★ Wavell State High School 179 92 27
13 Tim Bennetts Pennant Hill High School 185 90 24
14 菅谷 優 帝京大学 173 77 24
15 森谷 直貴★ 法政大学 180 86 23
16 山本 貢 関東学院大学 175 105 33
17 宍戸 要介 東海大学 176 103 29
18 山路 泰生 神奈川大学 180 112 29
19 湯澤 奨平 成城大学 187 105 26
20 嶋田 直人★ 立命館大学 181 98 23
21 福居 武 大阪体育大学 177 78 24
22 藤近 紘二郎★ 早稲田大学 180 85 22
23 藤本 健友 成蹊大学 181 90 24

★は新加入選手

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら