キヤノン イーグルス 公式サイト

新しい情報を知る

試合情報

2015年1月23日 | 1月25日(日)12:00 KO NECグリーンロケッツ戦の見どころとメンバー

■見どころ

いよいよ日本選手権の出場権をかけたワイルドカードトーナメントが始まります。第一戦は近鉄花園ラグビー場でNECグリーンロケッツ(以下NEC)との対戦です。
ここから先はすべてトーナメントでの戦いなので、負けると即シーズン終了となってしまいます。イーグルスは昨シーズン以上の成績を残すために、まずこの初戦に勝ち、二戦目に駒を進めたいところです。

NECは2ndステージを「グループB」の2位で終えています。2ndステージの終盤になるにつれチーム力は充実し、本来の力を発揮した試合運びをしています。NECは強固なディフェンスが特徴のチームで容易にゲインライン*1を切らせてくれません。ボールキャリアに対してはダブルタックル*2で確実に止めてきます。孤立させられるとボールに絡まれターンオーバーされる危険性が高くなります。
また攻撃時はラックやモールのポイント近くをFWがオフロードパス*3を巧みに使ってアタックします。BKではSOとCTBの選手がキックでテリトリーを取りにくるでしょう。そしてゴール前からは体を生かしたコンタクトプレーでトライを狙ってきます。

(左)復帰2戦目となるブルース(中)FW、BK一体の攻撃ができるか(右)厳しいマークを打ち破るベネット

イーグルスはNECの堅牢なディフェンスラインをこじ開けるためにFW、BKが一体となった波状攻撃を積み重ねゲインを狙わなくてはいけません。少しでも前進して味方にボールをつなぐところからチャンスが作れそうです。
セットプレーは安定感が増してきています。スクラム、ラインアウトの起点から復調してきたSOカラムがバックスを走らせます。CTBの三友、ベネットは相手のスペースを狙ったアタックを仕掛けます。そしてWTBの原田、和田はスペースがもらえれば一気にトライを狙いに行くでしょう。
ディフェンスではFLカール・ロウのプレーに注目です。「ボールのあるところにカール・ロウあり」といっても過言ではないほどのワークレート*4を示します。No.8菊谷、FLレイルアのペネトレイト*5にも期待がかかります。彼らが前に進めたポイントからの展開は効果があるでしょう。
また今回も新人選手6人全員がエントリーします。シーズンも深まってきましたが、昨年大学卒業した1年目の選手がどのようなパフォーマンスを見せるのかも楽しみの一つです。

この試合、最初はディフェンシブな展開が予想され、先に緊張が切れたチームが失点するでしょう。イーグルスは我慢比べを堪え、自分たちのペースに持ち込む必要があります。
最後まで気の抜けない試合になることが予想されますので、みなさんの応援の後押しでイーグルスを前進させてください。

(左)安定感を増すFWのセットプレー(中)ボールのあるところにロウ(右)日高、菊谷、レイルアの突進

*1ゲインライン:スクラム、モール、ラックの中央を通って、ゴールラインに平行すると想定される線のこと。また、ラインアウトで、ボールを投げ入れる地点からゴールラインに平行に伸びた線のこと。この仮想の線を越えてはじめて、ボールを前進させ、地域を獲得(ゲイン)したことになる。

*2ダブルタックル:二人がかりで一人をタックルすること。

*3オフロードパス:タックルされる際に、身体を半分ずらすなどして上半身のコントロールを残した上でフォローするプレーヤーにパスするプレーのこと。

*4ワークレート:タックルに行く回数、バックアップに戻っている回数、ポイントに参加する回数、ターンオーバーする回数のこと。それらが多い選手を「ワークレートが高い」と言う。

*5ペネトレイト:複数のディフェンダーの中を割るように突き進むプレーのこと。

■メンバー

NO 氏名 出身校 身長 体重 年齢
1 菅原 崇聖 同志社大学 175 105 27
2 庭井 祐輔★ 立命館大学 174 98 23
3 城 彰 明治大学 176 120 26
4 日高 駿 明治大学 190 100 24
5 宇佐美 和彦★ 立命館大学 197 110 22
6 レイルア マーフィー 山梨学院大学 184 105 26
7 Karl Lowe★ St. Johns School, Hastings 181 104 30
8 菊谷 崇★ 大阪体育大学 187 100 34
9 福居 武 大阪体育大学 177 78 24
10 Callum Bruce Otago University 180 92 31
11 原田 季郎 早稲田大学 163 67 24
12 三友 良平 日本大学 177 90 28
13 Tim Bennetts Pennant Hill High School 185 90 24
14 和田 拓(キャプテン) 慶應義塾大学 175 83 26
15 森谷 直貴★ 法政大学 180 86 23
16 山本 貢 関東学院大学 175 105 33
17 上田 聖 天理大学 181 105 25
18 山路 泰生 神奈川大学 180 112 29
19 芦谷 勇帆★ 早稲田大学 190 94 23
20 嶋田 直人★ 立命館大学 181 98 23
21 天野 寿紀 帝京大学 169 79 24
22 藤近 紘二郎★ 早稲田大学 180 85 22
23 Michael Bond★ Wavell State High School 179 92 27

★は新加入選手

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら