キヤノン イーグルス 公式サイト

新しい情報を知る

試合情報

2016年12月1日 | 12月3日(土)14:00KO トヨタ自動車ヴェルブリッツ戦の見どころ

■試合の見どころ

約1カ月のウィンドウマンスが終了し、キヤノンイーグルスの後半戦最初の対戦相手はトヨタ自動車ヴェルブリッツ(以下トヨタ)です。トヨタは前節まで6勝3敗、勝ち点29で5位につけています。1941年創部のトヨタは過去全国社会人大会 優勝5回 、日本選手権 優勝3回の実績を誇ります。
先シーズンは2度対戦し1勝1敗。イーグルスは最終戦(LIXIL CUP 5位決定戦)でトヨタに敗れてシーズンを終えました。

トヨタはFWを起点としたアタックを仕掛けてきます。FWが前に出始めると全体が勢いよく動き始めます。そしてトヨタのハーフ団はFWを前に出すキックを適宜使って攻めてきます。
イーグルスはまずFWのセットプレー、ブレイクダウンで後手を踏んではいけません。相手の勢いをいかに止めるかが大きなポイントになります。
トヨタの選手はいずれも突破力のあるタレントが揃います。FWの近場を強引に突破し、オフロードパスで縦につなぐプレーで一気にゲインしてくると厄介です。裏に出られると突破力のあるBKがスピードとステップを交えてスペースを突いてきます。このパターンを何としても阻止しなければ勝機は訪れません。

イーグルスの先発には日本代表になった東恩納、山路、アニセが名を連ねます。元日本代表キャプテンの菊谷は古巣に闘志を燃やしています。そしてNo.8には元オールブラックスのトムソンと、実にFW8人中5人が代表経験選手で編成されます。お互いの意地がぶつかり合うスクラムの攻防は目が離せません。ファーストスクラムで相手の力量を計り、組み方、力のかけ具合を8人で調整します。スクラムで優位に立てるか注目です。
ラインアウトでは相手ボールをスムーズに出させないディフェンス力が求められます。この場面でもトムソンは抜群の働きを見せてくれるでしょう。
セットプレーはもちろんブレイクダウンの場面でもFWがどんな戦いができるかがポイントになります。嶋田、杉永のボールへの働きかけ、ボールへの嗅覚が流れを引き寄せます。ボールキャリアの庭井にボールが渡れば確実にゲインしてくれます。FWの体を張ったプレーが試合の主導権を左右します。

ハーフ団は天野とルルーのコンビです。ルルーの変幻自在のプレーを天野のパスが引き出します。天野は激しいディフェンスで過去何度もピンチを救ってきました。トヨタのSHとのせめぎ合いでも一歩も引かずに戦うことでしょう。ルルーは広い視野で陣形を見てプレーを選択します。当然マークが厳しくなると思われますが、それをかいくぐってファンタスティックなプレーを披露してくれるはずです。
CTBは三友と林が二試合目のコンビになります。二人のコンビネーションは練習の積み重ねによりとても合ってきています。堅実なタックルで試合を引き締めてくれます。
WTBには満を持して橋野が登場です。今までの待機時間をすべてこの試合で発揮してくれるでしょう。彼の後方からの指示はBKの正確な判断の助けになります。
橋野と原田にスペースを与えた状態でボールが回ればキレのあるランで大きなゲインが期待できます。
FBのボンドは瞬間的なスピードで相手を抜き去ります。コンタクトにも強く一回のタックルでは倒れません。ボンドがボールを持った時、周りの選手がどれだけ反応できるかもトライ獲得のポイントになります。

リザーブには今シーズン初エントリーの山本貢の名前があります。体調を整えこの試合に間に合いました。トヨタ戦に強く、ベテランならではのプレーが期待されます。また日高、ハヴィリも久々のメンバー入りです。インパクトのあるプレーでアピールしてくれるでしょう。練習試合でワークレイトの高さを実証した湯澤の出場も楽しみです。そして体調万全で待機する小野澤のトライ(トップリーグ通算110個目)が見られるかも見どころです。

シーズン残り6試合の最初のゲームとなるトヨタ戦、この試合の出来が今後のチームの完成度を占います。見逃せない試合です。みなさんの絶大なる応援をお願いします。


■メンバー

NO 氏名 出身校 身長 体重 年齢
1 東恩納 寛太 帝京大学 178 116 24
2 庭井 祐輔(キャプテン) 立命館大学 174 100 25
3 山路 泰生 神奈川大学 180 105 31
4 菊谷 崇 大阪体育大学 187 104 36
5 アニセ サムエラ★ Fiji National University 198 118 30
6 杉永 亮太 帝京大学 184 100 24
7 嶋田 直人 立命館大学 183 98 25
8 アダム・トムソン Christchurch Boys' High School 196 112 34
9 天野 寿紀 帝京大学 170 80 26
10 ウィリー・ルルー Paul Roos Gymnasium High School 186 90 27
11 原田 季郎 早稲田大学 164 70 26
12 三友 良平 日本大学 177 92 29
13 林 大成 東海大学 176 85 24
14 橋野 皓介 同志社大学 176 83 29
15 マイケル・ボンド North Brisbane RC 179 96 28
16 山本 貢 関東学院大学 176 107 35
17 五十嵐 優★ 東海大学 171 101 23
18 レイルア マーフィー 山梨学院大学 185 108 27
19 日高 駿 明治大学 190 110 26
20 湯澤 奨平 成城大学 186 105 28
21 ジャンクロード・ルース★ High school Waterkloof RSA 183 94 26
22 ハヴィリ リチャードアファ 花園大学 178 93 28
23 小野澤 宏時 中央大学 180 85 38

★は新加入選手
※メンバーは変更する場合があります。

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら