キヤノン イーグルス 公式サイト

試合情報を知る

キヤノンイーグルス試合情報 2013-2014シーズン

2013.12.14 | トップリーグ 2ndステージ 12月14日(土)

キヤノンイーグルス 2013.12.14 13:00
静岡県 ヤマハスタジアム
ヤマハ発動機 ジュビロ

19

7 前半 6
12 後半 17

23

前半 後半 前半 後半
1 2 3 T 2 0 2
1 1 2 G 2 0 2
0 0 0 PG 3 2 1
0 0 0 DG 0 0 0
NO 選手名 ポジション 選手名 NO
1 菅原崇聖 PR 山本幸輝 1
2 山本貢 HO 加藤圭太 2
3 城彰 PR 田村義和 3
4 日高駿 LO 大戸裕矢 4
5 鷹クロフォードアストン LO 笠原雄太 5
6 アダム・トムソン FL デウォルト・ポトヒエッター 6
7 清水直志 FL 三村勇飛丸 7
8 マウジョシュア No.8 堀江恭佑 8
9 福居武 SH 小池善行 9
10 カラム・ブルース SO 大田尾竜彦 10
11 原田季郎 WTB 中園真司 11
12 三友良平 CTB マレ・サウ 12
13 ハビリロッキー CTB 宮澤正利 13
14 和田拓 WTB 田中渉太 14
15 オマール・スライマンケル FB 五郎丸歩 15
16 金子大介 リザーブ 日野剛志 16
17 宍戸要介 リザーブ 岸直弥 17
18 山路泰生 リザーブ 山村亮 18
19 湯澤奨平 リザーブ 斉田晃平 19
20 植松宗之 リザーブ モセ・トゥイアリイ 20
21 髙城良太 リザーブ 矢富勇毅 21
22 アイザイア・トエアバ リザーブ シアレ・ピウタウ 22
23 田井中啓彰 リザーブ 徐吉嶺 23

試合結果

【前半】

前半00分 キヤノンボールのキックオフでスタート

前半02分 TRY!!! 【7-0】
ハーフウェイライン地点でパスを受けたスライマンケルが抜け出して独走。そのままトライ!三友のコンバージョンは成功。

前半05分 自陣ゴール前10メートル地点でスライマンケルのノックオン。ヤマハボールのスクラム

前半07分 自陣ゴール前でヤマハの猛攻。キヤノンのオフサイドで更にピンチが続く。

前半09分 キヤノン必死のディフェンスで、相手のノットロールアウェイ。マイボールラインアウトからリスタートです

前半11分 自陣ゴール前でヤマハの猛攻を受けるが、ヤマハがノックオン。右サイド22メートル地点でキヤノンボールタッチキック

前半18分 ハーフウェイライン地点のラックからトムソンが抜け出し、攻め込んだが、惜しくもノックオン

前半19分 先ほどのペナルティから、ヤマハはペナルティキックを選択。ヤマハ15番選手のゴールは失敗

前半22分 自陣22メートル地点でヤマハボールのラインアウト。しかしノットストレートでキヤノンボールスクラムに

前半23分 鷹クロフォードが繰り返しの反則により、シンビン。10分間の退場

前半24分 PG【7-3】
自陣22メートル地点からヤマハのペナルティゴール成功

前半28分 敵陣10メートル地点でヤマハのノックオン。キヤノンボールスクラムでリスタート

前半32分 PG【7-6】
自陣ゴール前10メートル地点でキヤノンのペナルティ。ヤマハ15番選手のペナルティゴール成功

前半36分 ハーフウェイライン地点のスクラムでキヤノンのコラプシング。15番選手のペナルティゴールは失敗

前半40分 ラストプレイでキヤノンが左に展開して攻め込みましたが、敵陣10メートル地点でノックオン。【7-6】

【後半】

後半00分 ヤマハボールのキックオフ

後半01分 自陣10メートル地点でキヤノンのノットロールアウェイ。タッチキックで自陣22メートル地点までゲインされる

後半04分 自陣22メートル地点でヤマハボールラインアウト

後半09分 選手交代
清水アウト→植松イン

後半10分 互いにキックの応酬の後、 キヤノンのノックオン。ハーフウェイライン付近でヤマハボールのスクラム

後半13分 自陣ゴール前でヤマハの連続攻撃。キヤノン必死のディフェンスでヤマハのペナルティを誘い、マイボール

後半13分 選手交代
ハビリ アウト→トエアバ イン、ブルース アウト→田井中イン

後半20分 自陣ゴール前でヤマハの連続攻撃。キヤノンのオフサイド。ヤマハボールスクラムでリスタート

後半20分 TRY【7-16】
自陣ゴール前のヤマハボールスクラムから出たボールを、ヤマハ12番選手がトライ。12番のコンバージョン成功

後半21分 選手交代
福居アウト→髙城イン

後半24分 TRY!!! 【12-16】
ゴール前ドライビングモールからトムソンが押し込んでトライ!三友のコンバージョンは失敗

後半26分 選手交代
山本アウト→金子イン

後半27分 TRY!!! 【19-16】
ハーフウェイライン地点からボールを持った原田が独走しゴール前でパスを受けたトエアバがトライ。三友のコンバージョン成功

後半28分 選手交代
菅原アウト→宍戸イン、城アウト→山路イン

後半36分 自陣ゴール前スクラムでヤマハのペナルティ。キヤノンはハーフウェイライン地点まで陣地を回復

後半37分 攻め込もうとしたところでノックオン。ヤマハボールスクラムでリスタート

後半38分 マウ シンビンで10分間の退場

後半39分 TRY【19-23】
ヤマハボールラインアウトからそのまま押し込まれ、8番選手のトライ。ここで後半終了のホーン。15番選手のコンバージョン成功

試合レポート

試合レポート 写真1 試合レポート 写真1

終了まで残り1分でトライを奪われ、無念の逆転負けを喫す。

2ndステージ グループAの第3戦は、1stステージでプールBを2位で通過し、2ndステージのトップ4を目指すヤマハ発動機ジュビロ(以下ヤマハ)へのチャレンジ。1stステージ第7節で勝利した相手ではあるが、「次にどう戦えるかで真価が問われる」(永友監督)の言葉通り、「連勝」へのチャレンジとなる試合だ。

ヤマハスタジアムでの完全アウェーの戦いは開始直後、スライマンケルによるノーホイッスルトライという意外な形で始まった。その後ヤマハはキヤノン陣で攻撃を続けたが、キヤノンは懸命なディフェンスでPG2本を許すにとどめ、7-6で前半を折り返した。
後半、PGとトライで逆転されたが、2本連続のトライを奪い返し再逆転。19-16とし残り12分は激しい攻防が続いた。試合終了直前、ヤマハフォワードが雪崩の如くキヤノンゴールへボールを運び込み再々逆転となるトライ。結局19-23で手痛い敗戦となった。


前半

課題を残した1点のリード

連勝を掛けた緊張のキックオフの直後に、スライマンケルがハーフウェイ付近から一気にヤマハゴールへ駆け抜けた。「スペースを作ってくれたチームメイトのおかげ。」(スライマンケル選手)これ以上ないスタートを切ったキヤノンだったが、この日一番の反省点となったのがペナルティの多さ。前半だけで10個のペナルティに、「こういうラグビーをしていては勝てない。」(フレンド ヘッドコーチ)「自分たちのリズムでラグビーができなかった。自滅した形。」(城選手)強烈なアタックを続けたヤマハを2PGだけに抑え、1点リードを保ったディフェンスは称賛に値するものがあったが、課題の残る前半だった。


後半

2本のトライで再逆転

PGとトライで差を広げられたが、先週の東芝戦を再現するような2本のトライで再逆転した。1本目は敵陣深いところのラインアウトからモールで押し込み、さらに2本目はライン際を快走した原田をフォローしたトエアバが、常識では考えられない走りで2人のディフェンスをかわしトライを奪った。


実力の差は点差より大きい

終盤に向けて、両チームの攻防はますます激しくなる。3点のリードを守ったまま37分、キヤノンは自陣で守り切り反撃に入った。もしここで加点できれば勝利がグッと近づいてくる。しかしハーフウェイを超えたところで痛恨のノックオン。さらにマウ ジョシュアがシンビン退場となった状況で迎えたヤマハ最後の攻撃は、キヤノンゴール前10m付近からフォワードの突進による頂点を目指すチームらしい強烈なトライだった。「点差はわずかだが、実力の差はまだ大きいと思う。」(永友監督)少しずつ近づいているライバルの背中は、見た目より大きいようだ。


コメント

【田井中選手】
「最後勝ち切れなかったところが悔しいですね。ボールを動かしていこうと決めて後半に臨みました。トライも取れていい流れだったのですが、ミスからこういう結果になってしまいました。チームは良くなっていると思うのですが、やはり反則ですね。本当に悔しいのですが、対応していくしかないと思います。神戸戦に向けて一つ一つ調整をして、思いっきりチャレンジします。」

【髙城選手】
「とにかく早いテンポで捌こうと試合に臨みました。トライを取っていい感じで入れたと思ったのですが、ペナルティが多く流れが掴み切れなった試合だったと思います。最後は自分のタックルミス、またヤマハの気持ちにやられてしまいました。いい試合ができているのですが勝たなければ意味がないので、次の試合に向けて気持ちを切り替えて頑張っていきます。」


これでトップリーグセカンドステージは1勝2敗。この試合で勝点1を獲得し合計7点、現在グループAの5位となっています。

次は12月22日(日)、神戸製鋼コベルコスティーラーズとの試合が、ノエビアスタジアム神戸(兵庫県)で行われます。次節も会場に足をお運びいただき、熱い応援をよろしくお願いいたします。


【キヤノンイーグルス公式サイト】
http://www.canon-eagles.jp/gameinfo/index.html

【キヤノンイーグルス公式サイト スマートフォン版】
http://www.canon-eagles.jp/sp/

【トップリーグ公式サイト】
http://www.top-league.jp/

監督・選手インタビュー

永友監督
永友監督
「素晴らしい会場と応援にまず感謝します。トライを取れていることはポジティブに捉えています。でもペナルティで試合を壊してしまったことは、ヤマハさん、そして観戦して下さった皆さんに申し訳ないことをしてしまいました。ラグビーになっていない、という内容でした。レフリーの警告に対し対応できず経験不足を感じます。次の神戸戦では少しでも成長が見せられるように頑張ります。」
和田キャプテン
和田キャプテン
「最後に取られたのは残念でした。少しずつ成長してきて勝っている部分もあると思いますが、細かいところで足らないところもたくさんあります。ペナルティについては自分たちの認識をしっかり変えて対応することが必要です。次の神戸戦に向けて1週間いい準備をして、個人的にもチームもレベルアップを図っていきたいと思います。」

マッチギャラリー

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら