キヤノン イーグルス 公式サイト

試合情報を知る

キヤノンイーグルス試合情報 2013-2014シーズン

2013.12.22 | トップリーグ 2ndステージ 12月22日(日)

キヤノンイーグルス 2013.12.22 13:00
兵庫県 ノエビアスタジアム神戸
神戸製鋼 コベルコスティーラーズ

19

7 前半 31
12 後半 17

48

前半 後半 前半 後半
1 2 3 T 8 5 3
1 1 2 G 4 3 1
0 0 0 PG 0 0 0
0 0 0 DG 0 0 0
NO 選手名 ポジション 選手名 NO
1 菅原崇聖 PR 平島久照 1
2 山本貢 HO 村上正幸 2
3 城彰 PR 山下裕史 3
4 日高駿 LO 伊藤鐘史 4
5 鷹クロフォードアストン LO アンドリース・ベッカー 5
6 アダム・トムソン FL 橋本大輝 6
7 清水直志 FL 前川鐘平 7
8 マウジョシュア No.8 マパカイトロパスカ 8
9 福居武 SH 猿渡知 9
10 カラム・ブルース SO 正面健司 10
11 原田季郎 WTB 大橋由和 11
12 三友良平 CTB クレイグ・ウィング 12
13 ハビリロッキー CTB ジャック・フーリー 13
14 和田拓 WTB 今村雄太 14
15 オマール・スライマンケル FB 濱島悠輔 15
16 金子大介 リザーブ 木津武士 16
17 宍戸要介 リザーブ 安江祥光 17
18 山路泰生 リザーブ 沢居寛也 18
19 湯澤奨平 リザーブ 清水佑 19
20 植松宗之 リザーブ ジョシュ・ブラッキー 20
21 吉田健 リザーブ 佐藤貴志 21
22 橋野皓介 リザーブ 田邊秀樹 22
23 アイザイア・トエアバ リザーブ フレイザー・アンダーソン 23

試合結果

【前半】

前半00分 キヤノン10ブルースのキックオフ

前半02分 敵陣22メートル地点でキヤノンのノックオン。神戸製鋼ボールスクラムでリスタート

前半05分 TRY [0-5]
自陣に攻め込まれるが、神戸製鋼のノックオン。キヤノンボールスクラムでリスタートするが、自陣ゴール前で神戸にボールを奪われ、そのまま押し込まれ、6番選手にトライされる。コンバージョンは失敗

前半08分 自陣22メートル地点でキヤノンのオフサイド。神戸製鋼はペナルティキックを選択したが、失敗

前半11分 TRY [0-12]
キヤノン、ミスボールにより自陣22メートル付近で相手にターンオバーされ、13番選手にトライを決される。コンバージョン成功。

前半15分 敵陣22メートル地点で神戸製鋼のノックオン。キヤノンボールスクラムでリスタート

前半17分 キヤノンの連続攻撃。ゴール前で神鋼がノットロールアウェイ。キヤノンボールスクラム

前半18分 神戸製鋼がハンドのペナルティ。右ゴール前でキヤノンボールスクラム

前半22分 TRY!!! [7-12]
敵陣で素早いパス回しで連続攻撃を仕掛け、最後はスライマンケルからパスを受けた10ブルースがゴール左にトライ!12三友のゴールも成功

前半28分 自陣ゴール前で神戸製鋼の連続攻撃。キヤノン凌いで、タッチキックでハーフウェイライン地点まで陣地を回復

前半31分 TRY [7-17]
自陣ゴール前で神戸製鋼の連続攻撃。素早く左に展開され、11番選手がトライ。コンバージョンは失敗

前半35分 TRY [7-24]
自陣ゴール前で神戸製鋼の連続攻撃から9番選手がトライ。12番選手のコンバージョンも成功

前半39分 TRY [7-31]
敵陣に攻め込むも、10メートル地点でボールを奪われ、素早いパス回しで左サイドを攻め込まれ、トライされる。コンバージョン成功。ここで前半終了のホーン。コンバージョン成功

【後半】

後半00分 選手交代
15スライマンケル アウト→22橋野イン

後半00分 神戸製鋼ボール、10番選手のキックオフ

後半02分 TRY [7-38]
ゴール前で神戸製鋼の連続攻撃。ディフェンスかわし、10番選手センターにトライ、ゴール成功

後半06分 敵陣22メートル地点で神戸ボールラインアウト。ノットストレートにより、キヤノンボールスクラムに変わる。

後半07分 TRY!!! [14-38]
敵陣ゴール前でキヤノンが連続攻撃。最後は1菅原が押し込みトライ!12三友のコンバージョンも成功

後半11分 ハーフウェイライン地点で相手のオフサイド。タッチキックで敵陣ゴール前10メートルまで敵陣をゲイン

後半17分 TRY [14-43]
両チーム激しい攻防を繰り返し、神戸製鋼が外側にスピード攻撃を展開し、7番選手がトライ。コンバージョンは失敗

後半19分 選手交代  2山本アウト→16金子イン、9福居アウト→21吉田イン、13ハビリ アウト→23トエアバ イン

後半22分 ハーフウェイライン地点で神戸のノックオン。キヤノンボールスクラム

後半23分 22メートル地点で神戸のノックオン。再びキヤノンボールのスクラム

後半26分 TRY [14-48]
自陣右で神戸製鋼のスピード攻撃。最後はゴール前ラックから抜け出した21番選手がトライ。ゴールは失敗

後半29分 TRY!!! [19-48]
キヤノン敵陣ゴール前で連続攻撃。モールから抜け出した8マウがトライ!12三友ゴール失敗

後半30分 選手交代
1菅原アウト→17宍戸イン

後半32分 キヤノンが再び敵陣に攻め込み、素早いパス回しで橋野→ブルースとつなぐが、ゴール前でノックオン。神戸ボールスクラム

後半35分 相手ペナルティからのクイックスタートで攻め込み、左に攻撃を展開したが、ノックオン

後半36分 マイボールラインアウトから右に展開。22橋野の俊足で右ゴール前まで攻め込むが、ノックオン

後半38分 敵陣22メートル地点で神戸製鋼ボールラインアウト

後半40分 ホーン。神戸製鋼がボールを蹴り出し、試合終了でノーサイド

試合レポート

試合レポート 写真1 試合レポート 写真1

古豪神戸製鋼の猛攻に
キヤノンらしさを出せないままノーサイド

2ndステージグループA第4戦は、現在1勝2敗(勝ち点7)で7位の神戸製鋼コベルコスティーラーズ(以下神戸製鋼)へのチャレンジ。今年は2003年にトップリーグが始まって以来11年目を迎えているが、神戸製鋼はジャパンラグビートップリーグ初年度の優勝チームでもある。

昨年は7点差まで詰め寄るも、伝統あるチームの試合運びのうまさに屈した。今日の2回目の対戦でその差を縮めたいキヤノンだったが、前半中盤まで12-7と拮抗した展開も前半残り10分で3本のトライを許し、7-31と大きくリードを許してしまう。トライを奪い返すしかない後半も17-12と差を広げられ、流れをつかめないまま19-48で敗戦となった。


前半

手痛いミスからの失点もあり24点差

神戸製鋼の重く速い攻撃がキヤノンディフェンスに容赦なく襲い掛かる。「個々のプレーが強く食い込まれアタックが後手に回った。」(12三友選手)さらにキヤノンのミスを確実に得点に繋げられ、前半だけで5トライを献上してしまった。菅原、城らの低いプレーで前進を図る場面は見応えがあったが、スクラムも「相手に対応できずいいように組まれてしまった。もっと勉強が必要だ。でもパワーで負けているとは思わない。」(1菅原選手)ディフェンスの良さが光る今シーズンのキヤノンにとって、これまでにない7-31と差が開く展開を余儀なくされた。


後半

1つずつ返すしかない

後半からフルバックに入ったセカンドステージ初登場の橋野選手は、「1つずつ返すしかないので、ボールを持ったら積極的に仕掛けようと思った。」とにかくトライが欲しいキヤノンはフォワードが奮闘し菅原、ジョシュアのトライで反撃した。「あそこまで行けば後は取り切るのがプロップの役割。」(1菅原選手)しかし神戸製鋼の激しい攻撃は最後まで衰えを見せることなく、結局19-48で2回目のチャレンジは課題を残してノーサイドとなった。


コメント

【橋野選手】
「(セカンドステージ初登場に対して)パフォーマンスがなかなか上がらず、これまでに感じたことがないほど試合に出たいという強い思いがありました。それでも今日は気負わずにプレーできて少ないチャンスをものにしたかったのですが、ディフェンスのラッシュが厳しく取れ切れませんでした。またキヤノンらしいディフェンスができず、神戸製鋼の強みを出させてしまいました。チームが連敗しているのでとにかく勝ちが欲しいですね。今日をきっかけにこれからも必死にやって、次の試合にも出場してチームのために頑張ります。」

【アダム・トムソン選手】
「ペナルティを減らすことをテーマに一週間準備をして、その点は成果が見られた試合でした。ただ神戸製鋼のプレーが良く、またチャンスを確実にトライされ追い続ける展開になってしまいました。日本で初めてのシーズンも11試合をプレーしましたが、日本の速いペースなど新しいことを受け入れ、より良いプレーができるように経験を積んでいきたいと思います。トップリーグ2シーズン目なのにキヤノンはここまで非常に良くやっています。次のパナソニック戦もフィジカルで負けないように、そしてミスに気を付けてベストチームとの試合に臨みたいと思います。」


これでトップリーグセカンドステージは1勝3敗。勝ち点の合計は7のままでグループAの6位となっています。

次は1月4日(土)、パナソニック ワイルドナイツとの試合が、秩父宮ラグビー場(東京都)で行われます。次節も会場に足をお運びいただき、熱い応援をよろしくお願いいたします。


【キヤノンイーグルス公式サイト】
http://www.canon-eagles.jp/gameinfo/index.html

【キヤノンイーグルス公式サイト スマートフォン版】
http://www.canon-eagles.jp/sp/

【トップリーグ公式サイト】
http://www.top-league.jp/

監督・選手インタビュー

永友監督
永友監督
「神戸製鋼さんのプレッシャーが強かったですね。1対1の部分で差し込まれ少ない人数でボールをリサイクルされたため、外側で人数が足りなくなり個々の高いレベルの選手に走られる状況を作ってしまいました。前半に差をつけられ結果、後半にゲームプランを変えさせられるという最悪のシナリオでした。まだ気の抜けない試合が続きます。次のパナソニック戦はディフェンスで勝つというのではダメだと思います。短い時間ですがアタックの精度にこだわった準備をしてチャレンジしたいと思います。」
和田キャプテン
和田キャプテン
「神戸製鋼さんのラグビーに対して、修正ができないまま最後まで自分たちのラグビーをすることができませんでした。でもトップリーグで戦うというのはこういうことだと思うので、今日のような試合でどうすればよいかをもう一度よく考え直して、もっともっと練習しなければいけないと純粋に思いました。まだ試合が残っているので気持ちを切り替えて、今日の反省を絶対に活かせるように頑張っていきたいと思います。本日は有難うございました。」

マッチギャラリー

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら