キヤノン イーグルス 公式サイト

試合情報を知る

キヤノンイーグルス試合情報 2013-2014シーズン

2014.1.4 | トップリーグ 2ndステージ 1月4日(土)

キヤノンイーグルス 2014.1.4 12:00
東京都 秩父宮ラグビー場
パナソニック ワイルドナイツ

3

3 前半 13
0 後半 40

53

前半 後半 前半 後半
0 0 0 T 7 1 6
0 0 0 G 6 1 5
1 0 1 PG 2 2 0
0 0 0 DG 0 0 0
NO 選手名 ポジション 選手名 NO
1 菅原崇聖 PR 稲垣啓太 1
2 山本貢 HO 設樂哲也 2
3 城彰 PR ホラニ龍シオアペラトゥー 3
4 日高駿 LO 劉永男 4
5 鷹クロフォードアストン LO ダニエル・ヒーナン 5
6 アダム・トムソン FL バツベイシオネ 6
7 清水直志 FL 西原忠佑 7
8 マウジョシュア No.8 ホラニ龍コリニアシ 8
9 福居武 SH 田中史朗 9
10 カラム・ブルース SO ベリック・バーンズ 10
11 原田季郎 WTB 山田章仁 11
12 三友良平 CTB 林泰基 12
13 ティム・ベネット CTB 霜村誠一 13
14 ハビリロッキー WTB 北川智規 14
15 和田拓 FB 笹倉康誉 15
16 金子大介 リザーブ 堀江翔太 16
17 宍戸要介 リザーブ 河野悠輝 17
18 山路泰生 リザーブ 相馬朋和 18
19 湯澤奨平 リザーブ 飯島陽一 19
20 植松宗之 リザーブ 若松大志 20
21 吉田健 リザーブ イーリニコラス 21
22 田井中啓彰 リザーブ JP・ピーターセン 22
23 アイザイア・トエアバ リザーブ 三宅敬 23

試合結果

【前半】

前半00分 キヤノンボール、10ブルースのキックオフ

前半06分 敵陣ゴール前で連続攻撃をしかけるが、キヤノンのペナルティ。パナソニックボールのスクラムでリスタート

前半08分 パナソニックに一気にゲインされ自陣ゴール前までボールを運ばれるが、パナソニックのノックオン。キヤノンボールスクラムでリスタート。

前半15分 PG!!! [3-0]
  自陣22メートル地点から6トムソンが抜け出し、10ブルースのキックで敵陣22メートル付近までゲイン。パナソニックのペナルティにより、キヤノンはペナルティキックを選択。12三友のゴール成功し先制 

前半17分 自陣右ゴール前でキヤノンのノットロールアウェイ。パナソニックボールのラインアウト

前半19分 PG [3-3]
自陣ゴール前でキヤノンのペナルティ。10番選手のペナルティゴール成功。

前半24分 自陣10メートル地点でパナソニックのノックオン。キヤノンボールスクラムでリスタート

前半26分 敵陣でキヤノンの連続攻撃でゴール前まで持ち込むがノックオン

前半29分 自陣ゴール前でパナソニックから連続攻撃を受けるが、キヤノンのディフェンスでノックオン。キヤノンボールスクラムでリスタート

前半31分 自陣10メートル地点でパナソニックがノックオン。キヤノンボールスクラムでリスタート

前半35分 TRY [3-10]
ハーフウェイライン地点からパナソニックの連続攻撃。徐々にゴール前までラインを上げられ、最後は左隅の空きスペースまで展開され、6番選手がトライ。10番選手のコンバージョンも成功

前半37分 選手交代
5鷹クロフォード アウト→19湯澤イン

前半39分 6トムソンがシンビンにより10分間の退場

前半39分 自陣ゴール前でキヤノンのオフサイド。パナソニックはPGを選択。10番選手のキック直前にホーン。ゴール成功。3-13で前半終了

【後半】

後半00分 パナソニックボールでキックオフ

後半05分 TRY [3-18]
自陣ゴール前でパナソニックの猛攻。キヤノンは必死のディフェンスで対抗するが、最後はドライビングモールで押し込まれ、5番選手により右隅にトライされる。コンバージョンは失敗。

後半09分 14ハビリがシンビンで10分間の退場

後半10分 TRY [3-25]
ペナルティのリスタート後に自陣で連続攻撃をうけ、4番選手がトライ。10番選手のコンバージョン成功。

後半18分 TRY [3-30]
自陣ゴール前でマイボールラインアウトを相手4番選手にボールを奪われ、そのままトライされる。10番選手のコンバージョンも成功。

後半19分 選手交代
14ハビリ アウト→22田井中イン、2山本アウト→16金子イン

後半24分 選手交代
9福居アウト→21吉田イン

後半25分 TRY [3-39]
自陣10メートル地点で抜け出したパナソニックの22番選手が、インゴールにキックし、走り込んでそのままトライ。10番選手のコンバージョン成功

後半26分 選手交代
8マウ アウト→18山路イン

後半27分 TRY [3-46]
自陣22メートル地点でキヤノンのノックオン。パナソニックボールスクラムから連続攻撃を受け、パナソニックの10番選手トライ。同選手のコンバージョン成功

後半33分 自陣22メートル地点でキヤノンのノットリリースザボール。右ゴール前でパナソニックボールスクラム

後半35分 自陣ゴール前でキヤノンのペナルティ。パナソニックボールスクラムでリスタート

後半35分 選手交代
吉田アウト(負傷)→宍戸イン

後半39分 TRY [3-53]
ゴール前でパナソニックボールのラインアウト。その後ドライビングモールで、16番選手にトライを許す。ここでホーン。ラストプレイはパナソニックの21番選手のコンバージョンゴール成功。ノーサイド

試合レポート

試合レポート 写真1 試合レポート 写真1

2ndステージ無敗のパナソニックに我慢のディフェンスが続かず、
後半6トライを許し無念の大敗

2ndステージグループA第5戦は、ここまで4戦全勝でトップを走るパナソニックワイルドナイツ(以下パナソニック)へのチャレンジ。1stステージでは5点差で勝利した相手だが「続けて勝ってこそ本当の勝利」という永友監督の言葉通り、勝負に真価が問われる試合だ。

キヤノンのキックオフで始まった試合は、12三友のPGでキヤノンが先制。しかし自力に勝るパナソニックがPGとトライで3-10と逆転。前半終了直前にもPGで加点され3-13で前半を折り返した。
我慢のディフェンスを続け逆転を図りたいキヤノンだったが、後半5分にトライを奪われるとそのままパナソニックペース。結局後半6トライを許し3-53の大差でノーサイドとなった。

 

前半

我慢のディフェンスで10点のビハインド

「前半は我慢を続けて守り抜こうと思っていた。」(9福居選手)パナソニックの猛攻に対しディフェンスの踏ん張りで再三ゴールを守った。「前半は我慢を続けられて自分たちのやりたいこともできていた。」(7清水選手)ハーフタイム直前にフォワードの要である6トムソンがシンビン退場となった不安を抱えながらも、逆転が十分可能な10点差(3-13)で後半に期待をつなげた。


後半

終始パナソニックペースのままノーサイド

後半開始直後からパナソニックの激しい攻撃に防戦を強いられたキヤノン。「集中が切れて守り切れなった。」(9福居選手)「前半のプレーを80分間続けられないとセカンドステージは勝てない。甘くない。」(7清水選手)「タックルを決めて流れを変えたかったが、相手のスピードと強さで的が絞れなかった。」(20湯澤選手)「セットプレーでのミスが多く、それをトライに繋げられた。修正できず悔しい。」(4日高選手)結局キヤノンらしいトライシーンが見られないまま3-53という大差でノーサイドとなった。

次節は昨年の王者サントリーとの戦い。連敗から早く立ち直り、キヤノンらしいアタッキングラグビーが見られることを期待したい。


コメント

【10カラム・ブルース選手】
「相手のアタックが非常に強く、長い時間ディフェンスすることを余儀なくされました。ボールを取ればいいアタックができるのですが、ディフェンスで体力を消耗し、数少ないチャンスをトライに繋げられない展開となってしまいました。2試合続けて大敗して迎える次のサントリー戦に必要なことは、自分たちの力を信じることだと思います。チームが一つになって互いにベストを尽くせばいい結果が出ると信じて、これからもハードな練習を積み重ねたいと思います。」


これでトップリーグセカンドステージは1勝4敗。勝ち点の合計7で変わらず、グループAの6位となっています。

次は1月11日(土)、サントリーサンゴリアスとの試合が、ニッパツ三ツ沢球技場(神奈川県)で行われます。次節も会場に足をお運びいただき、熱い応援をよろしくお願いいたします。


【キヤノンイーグルス公式サイト】
http://www.canon-eagles.jp/gameinfo/index.html

【キヤノンイーグルス公式サイト スマートフォン版】
http://www.canon-eagles.jp/sp/

【トップリーグ公式サイト】
http://www.top-league.jp/

監督・選手インタビュー

永友監督
永友監督
「新年からたくさんの方に応援に来ていただきましたが、最初の試合でいい結果を出せず申し訳なく思っています。前半の40分まではどのチームに対してもいい試合ができる力はあると思っていますが、それを80分間続けられないところにまだ実力差があります。今日は自分たちのミスから大差で、しかもノートライで負けたことはとても残念です。私は負けた試合から得られるものは無いと思っているので、内容のあるゲームをして選手に勝たせてあげたいですね。次のサントリー戦は立ち上がりが非常に大事だと思っています。頑張ります。」
和田キャプテン
和田キャプテン
「後半にあれだけやられたのは、一人一人のプレーの精度がパナソニックさんの方が上手だからだと感じました。プレッシャーがあってもミスをしないで自分たちのプレーができるように、もっと練習が必要だと思います。これまでやってきたことをブラッシュアップして、次の試合ではいいパフォーマンスがお見せできるように頑張ります。まだ試合が続きますので、また試合を観に来てください。」

マッチギャラリー

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら