キヤノン イーグルス 公式サイト

試合情報を知る

キヤノンイーグルス試合情報 2013-2014シーズン

2014.1.11 | トップリーグ 2ndステージ 1月11日(土)

キヤノンイーグルス 2014.1.11 13:00
神奈川県 ニッパツ三ツ沢球技場
サントリー サンゴリアス

25

22 前半 24
3 後半 34

58

前半 後半 前半 後半
3 0 3 T 8 3 5
2 0 2 G 6 3 3
1 1 2 PG 2 1 1
0 0 0 DG 0 0 0
NO 選手名 ポジション 選手名 NO
1 菅原崇聖 PR 金井健雄 1
2 山本貢 HO 青木佑輔 2
3 城彰 PR 畠山健介 3
4 日高駿 LO 篠塚公史 4
5 ジャスティン・アイブス LO 真壁伸弥 5
6 植松宗之 FL ジョージ・スミス 6
7 清水直志 FL 佐々木隆道 7
8 マウジョシュア No.8 竹本隼太郎 8
9 天野寿紀 SH 日和佐篤 9
10 カラム・ブルース SO トゥシ・ピシ 10
11 原田季郎 WTB 塚本健太 11
12 三友良平 CTB 宮本啓希 12
13 ティム・ベネット CTB ニコラスライアン 13
14 和田拓 WTB 長友泰憲 14
15 橋野皓介 FB 有賀剛 15
16 金子大介 リザーブ 小澤直輝 16
17 宍戸要介 リザーブ 石原慎太郎 17
18 山路泰生 リザーブ 池谷陽輔 18
19 湯澤奨平 リザーブ 辻本雄起 19
20 落合佑輔 リザーブ ヘンドリック・ツイ 20
21 福居武 リザーブ 芦田一顕 21
22 アイザイア・トエアバ リザーブ 小野晃征 22
23 田井中啓彰 リザーブ 村田大志 23

試合結果

【前半】

前半00分 キヤノンボールでブルースのキックオフ

前半03分 敵陣22メートル地点でサントリーボールのラインアウト

前半05分 PG!!! [3-0]
敵陣ゴール前10メートル地点でサントリーのハンド。キヤノンはペナルティキックを選択、12三友のゴール成功。

前半06分 キックオフ直後に13ベネット→10ブルースとボールを繋いだが、スローフォワード

前半08分 TRY [3-7]
自陣10メートル地点からサントリーが左にスピード攻撃を展開。最後は11番が11原田をかわしてトライ。コンバージョン成功

前半11分 自陣でサントリーの連続攻撃。8マウのタックルでボールを奪い、10ブルースが外に蹴り出してしのぐ。サントリーボールのラインアウト

前半14分 自陣22メートル付近でサントリーボールスクラム。キヤノン、ピンチが続きます

前半16分 TRY!!! [10-7]
ハーフウェイライン地点で13ベネットがボールを奪い、14和田へとパスをつなぎながら敵陣ゴール前まで独走したが、サントリーのオフサイド。ゴール前でキヤノンスクラムからフェーズを重ね、10ブルースがトライ!12三友のコンバージョンも成功。

前半25分 TRY [10-14]
自陣ゴール前に攻め込まれたところをターンオーバーし、タッチキックしようとしたボールをピッチ内でキャッチされ、左にスピード攻撃される。空いた左サイドにサントリー7番選手トライ。13番選手のコンバージョンも成功

前半29分 TRY!!! [15-14]
今度はキヤノンが反撃、敵陣22メートル地点から連続攻撃を仕掛け、左端に15橋野がトライ!12三友のコンバージョンは失敗 

前半33分 選手の一時交代
9天野アウト(出血のため)→21福居イン

前半35分 TRY!!! [22-14]
自陣ゴール前でのサントリーの攻撃でしたが、パスをインターセプトした10ブルースがそのまま自陣から敵陣まで独走してトライ!12三友のコンバージョンも成功

前半38分 TRY [22-21]
敵陣10メートル地点で相手にボールを奪われたのち、右にスピード攻撃を展開され、最後は10番選手がトライ。コンバージョン成功。

前半43分 PG [22-24]
自陣22メートル地点でキヤノンのホールディング。サントリー13番のペナルティゴール成功

【後半】

後半00分 選手交代
3城アウト→18山路イン、10ブルースアウト→22トエアバイン、21福居アウト→9天野イン(治療終了)

後半00分 サントリーボールでキックオフ

後半04分 TRY [22-31]
自陣ゴール前でサントリーの連続攻撃。フェーズを重ねられ、最後は抜け出した9番選手がトライ。13番選手のコンバージョン成功

後半07分 PG!!! [25-31]
敵陣ゴール前10メートルので、サントリーがオフサイド。キヤノンはペナルティキックを選択。12三友のゴール成功

後半10分 TRY [25-36]
自陣でサントリーにフェーズを重ねられ、最後は左の空いたスペースに展開され、11番選手がトライ。コンバージョンは失敗

後半13分 敵陣22メートルでサントリーのハンド。キヤノンボールラインアウトのリスタート。

後半16分 PG [25-39]
自陣22メートル地点でキヤノンのペナルティ。11原田がシンビンにより10分間の退場。13番のペナルティゴール成功。

後半16分 選手交代
2山本→16金子、22トエアバ→23田井中

後半21分 TRY [24-46]
自陣ゴール前のラックから出たボールをサントリー7番選手が素早くパスを回し、トライ。13番選手のコンバージョン成功

後半22分 選手交代
6植松アウト→19湯澤イン

後半32分 敵陣ゴール前でキヤノンボールラインアウト。攻め込んだが、ノットリリースザボールを取られ、タッチキックでハーフウェイライン地点まで戻される

後半31分 選手交代
1菅原アウト→17宍戸イン、7清水アウト→20落合イン

後半34分 TRY [25-51]
ハーフウェイライン地点からサントリーがスピード攻撃。7番選手が50メートルを独走し、トライ。コンバージョンは失敗

後半38分 TRY [25-58]
サントリーに素早いパス回しで攻撃を仕掛けられ、14番選手がトライ。22番選手のコンバージョンも成功

後半40分 ノーサイド

試合レポート

試合レポート 写真1 試合レポート 写真1

前半の接戦を後半に継続できず、
2年連続の覇者サントリーサンゴリアスに完敗

2ndステージグループA第6戦は、現在グループAの2位を堅持しているサントリーサンゴリアス(以下サントリー)との対戦。トップリーグを連続で制覇した相手に精一杯のチャレンジをして、セカンドステージ連敗からの脱出を図りたい試合だ。

キヤノンのキックオフで始まった試合は、12三友のPGでキヤノンが先制。その後は両チーム3本ずつトライを奪い合い、10ブルースや久々のスタメンに入った15橋野のトライなど大きな盛り上がりを見せて、2点差(22-24)で前半を折り返した。
しかし後半はチャンピオンチームのアタッキングラグビーに火が付き、サントリー5トライに対しキヤノンは1PGの3点だけ。結局25-58でノーサイドとなった。

 

前半

カラム・ブルースの活躍(2トライ)で2点差の接戦

4連敗で迎えたこの試合。永友監督は「立ち上がりが大事」と言っていたが、この日のキヤノンは試合開始から積極的に攻めた。「しっかり自分たちのアタックをすることを意識していた」(14和田キャプテン)初先発の9SH天野がボールを素早く捌き、10ブルースがマイボールを迷わずオープンへ展開。ボールをキープしながら前進を図り、10ブルース(2トライ)、そして久しぶりに先発出場した橋野のトライに結びついた。同じく3トライを許すも堂々の戦いぶりで、王者サントリー相手にわずか2点のビハインドで前半を折り返した。

 

初先発ルーキー天野選手、2トライのブルース選手、橋野

 

後半

高まる圧力に対抗できず5トライ献上

しかし後半開始直後からサントリーの激しい攻撃がさく裂し、必死に守るも先制トライを許した。「常にすごいプレッシャーを掛けられ仕事をさせてもらえなかった。個々の強さを上げることが必要」(6植松選手)結局最後までサントリーペースを崩すことができず5トライを奪われたキヤノン。「ミスが少なくテンポのいいラグビーにディフェンスの難しさを感じた。キヤノンらしいアタックで通用した部分もあったので伸ばしていきたい。」(11原田選手)「前半から圧力を受けていて、それが後半にさらに上がったことから危惧していた展開になってしまった。まだプレーの精度などに差があり、早く近づいていきたい。」(15橋野選手)

後半に大きく引き離される展開が2試合続いたが、次は2ndステージ最終戦となるトヨタ自動車へのチャレンジ。我慢のディフェンスとキヤノンらしいアタッキングラグビーで有終の美を飾り、いい形でワイルドカード戦に臨みたいところだ。

 

コメント

【今村バックスコーチ】
「前半はハードワークして反則数も少なく、良く我慢できていい部分がたくさんありました。後半はアタックでミスをしないことを言って送り出しましたが、判断ミスでトライを逸したところにサントリーとの差を感じます。今日学んだことを忘れずに、キヤノンラグビーを文化として築けるようにしていきたいですね。次も厳しい試合になると思いますが、勝ちに繋がるチャレンジをしていきたいと思います。」

【天野選手】
「チームに貢献してハッピーになれるよう、80分間体を張ろうと心に決めて試合に臨みました。うまくできた部分もそうでない部分もありましたが、どちらもポジティブに捉えて、またこの悔しさをエネルギーに変えて勝つ喜びを目指して頑張ります。チームをひとつにまとめてゲームをコントロールするのがスクラムハーフの役割なので、1週間そのためのいい準備をして次の試合に臨みたいと思います。」

これでトップリーグセカンドステージは1勝5敗。勝ち点の合計は7のままでグループAの8位となっています。

次は1月19日(日)、トヨタ自動車ヴェルブリッツとの試合が、西京極総合運動公園陸上競技場(京都府)で行われます。次節も会場に足をお運びいただき、熱い応援をよろしくお願いいたします。


【キヤノンイーグルス公式サイト】
http://www.canon-eagles.jp/gameinfo/index.html

【キヤノンイーグルス公式サイト スマートフォン版】
http://www.canon-eagles.jp/sp/

【トップリーグ公式サイト】
http://www.top-league.jp/

監督・選手インタビュー

永友監督
永友監督
「トップのチームとの差を感じさせられました。僕たちもレベルアップをして少しずつ近づいていると思っていたのですが、フィジカル、メンタル、想像力、判断力など、その差は選手たちがもっと感じていると思います。この経験を自分たちの次に繋げて欲しいと思います。勝てるチームを作っていきたいですね。前を向いてとにかくトライを取っていく姿勢を貫いて、次の試合も頑張ります。」
和田キャプテン
和田キャプテン
「こういう試合を通じてもっと強くなりたいと思うし、もっと強くなれると思っています。もう1回一生懸命練習して、次こそ倒したいですね。今日はアタックすることを意識しましたが、ミスで終わってしまったところの精度を上げられれば、自分たちの形がもっとできてくると思います。サントリーさんは各人の判断能力が高い上に、コミュニケーションをとってしっかりしたプレーをしているところがやはり凄いと思います。次の試合は勝利と言う結果を目指して、今までやってきたことを100%出し切って戦います。」

マッチギャラリー

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら