キヤノン イーグルス 公式サイト

試合情報を知る

キヤノンイーグルス試合情報 2013-2014シーズン

2014.02.02 | ワイルドカードトーナメント 2月2日(日)

キヤノンイーグルス 2014.02.02 12:00
(ワイルドカード1回戦) 名古屋市瑞穂公園ラグビー場(愛知県)
近鉄 ライナーズ

25

15 前半 24
10 後半 17

41

前半 後半 前半 後半
2 2 4 T 5 3 2
1 0 1 G 5 3 2
1 0 1 PG 2 1 1
0 0 0 DG 0 0 0
NO 選手名 ポジション 選手名 NO
1 菅原崇聖 PR 豊田大樹 1
2 山本貢 HO 樫本敦 2
3 城彰 PR 才田修二 3
4 日高駿 LO トム・ホッキングス 4
5 ジャスティン・アイブス LO 松岡勇 5
6 湯澤奨平 FL トンプソンルーク 6
7 清水直志 FL タウファ統悦 7
8 マウジョシュア No.8 佐藤幹夫 8
9 福居武 SH 金哲元 9
10 カラム・ブルース SO 重光泰昌 10
11 原田季郎 WTB 李陽 11
12 三友良平 CTB 吉川修司 12
13 ティム・ベネット CTB ジーン・フェアバンクス 13
14 和田拓 WTB 坂本和城 14
15 橋野皓介 FB 高忠伸 15
16 金子大介 リザーブ 吉田伸介 16
17 宍戸要介 リザーブ 鄭貴弘 17
18 山路泰生 リザーブ 前田龍佑 18
19 アダム・トムソン リザーブ 村下雅章 19
20 植松宗之 リザーブ ラディキ・サモ 20
21 髙城良太 リザーブ 森雄祐 21
22 田井中啓彰 リザーブ 森田尚希 22
23 ハビリロッキー リザーブ リコ・ギア 23

試合結果

【前半】

前半00分 キヤノンボールで10ブルースのキックオフ

前半09分 TRY!!! [7-0]
敵陣左ゴール前スクラムから出たボールを10ブルースがキックパス。パスをゴール前中央でキャッチした13べネットがトライ!12三友のコンバージョン成功。

前半13分 TRY!!! [12-0]
敵陣ゴール前で、キヤノンの連続攻撃。5アイブス、4日高、8マウと立て続けに相手ティフェンスに攻め込み、最後は8マウがトライ!12三友のコンバージョンは失敗。

前半17分 PG [12-3]
自陣22メートル地点中央でキヤノンのノットロールアウェイ。近鉄はペナルティキックを選択。10番選手のゴール成功。

前半20分 TRY [12-10]
自陣22メートル地点の近鉄ボールラインアウトから、スピード攻撃を仕掛けられ、トライを許しました。コンバージョン成功。

前半24分 敵陣22メートル地点で近鉄のオフサイド。キヤノンはペナルティキックを選択。12三友のゴール失敗。

前半30分 PG!!! [15-10]
敵陣22メートル地点で近鉄のオフサイド。12三友のペナルティゴール成功!

前半32分 TRY [15-17]
自陣ゴール前で近鉄の連続攻撃。ディフェンスの隙を突かれ、10番選手にトライを許しました。同選手のコンバージョンも成功。

前半34分 敵陣10メートル地点でキヤノンのペナルティ。14和田選手のタックルが危険行為と見なされ、シンビンにより10分間の退場

前半38分 TRY [15-24]
自陣で近鉄の早いパス回しで攻撃を仕掛けられ、11番選手ゴール左にトライを決められました。10番選手のコンバージョン成功。

【後半】

後半00分 選手交代
2山本アウト→16金子イン

後半00分 近鉄ボールでキックオフ

後半05分 TRY!!! [20-24]
ハーフウェイライン地点でパスを受けた11原田か相手をかわして独走。ゴール前で6湯澤→13べネットと繋ぎ、トライ!12三友のコンバージョン失敗。

後半09分 PG [20-27]
自陣22メートル地点でオフサイド。近鉄はペナルティキックを選択し10番選手が成功

後半14分 選手交代
5アイブス アウト→19トムソン イン。12三友アウト→23ハビリ イン

後半21分 TRY!!! [25-27]
マイボールラインアウトからキヤノンが連続攻撃。パスを受けた15橋野が22メートル地点から相手をかわしながら走り込みトライ。コンバージョンは失敗。

後半29分 TRY [25-34]
自陣で近鉄の連続攻撃。抜け出した選手に22メートル地点から独走され、キヤノンはゴール前で必死にディフェンスしましたが、9番選手にトライを許す。10番選手のコンバージョン成功

後半33分 選手交代
1菅原アウト→17宍戸イン、8福居 アウト→21髙城イン

後半42分 TRY [25-41]
連続攻撃を仕掛けたが、相手にパスをインターセプトされ、15番選手がそのまま50メートルを独走され、トライ。10番選手のコンバージョンも成功。

試合レポート

試合レポート 写真1 試合レポート 写真1

初のワイルドカードトーナメント
近鉄の勢いに阻まれ1回戦敗退

キヤノンイーグルスにとって初の進出となるワイルドカードトーナメント。日本選手権出場を目指し1回戦で激突するのは近鉄ライナーズ(以下近鉄)。2ndステージグループBを2位で通過した近鉄に対し、グループAの厳しい戦いで培った成長をしっかり見せたい試合だ。

13ベネット、8マウの2本のトライで先制したキヤノン。このままのペースで試合を有利に進めたかったが、その後3本のトライを許し15-24で前半を折り返した。
後半、13ベネットの2本目のトライ、15橋野の連続トライで25-27と2点差まで追い上げたが、近鉄にディフェンスの隙をうまく突かれ2本のトライを献上。結局25-41で初のワイルドカード出場で日本選手権への道のりをつけたかったが、1回戦で敗退となり2013-2014シーズンの終焉を迎えることになった。

前半

2つのチャンスで2トライ

「何が起きてもパニックになるな」試合前、永友監督はそう言って選手をグランドに送り出した。10ブルースの芸術的なショートパントが13ベネットの手に渡り先制トライ。フォワード、バックスが一体となりボールをゴールに運び込み2本目のトライ。どちらも相手を圧倒する形でチャンスをものにした。

パニック? 油断?
しかし、いつもの統制のとれたディフェンスに乱れが生じ、2本のトライをあっさりと取られた。アタックもミスや反則が重なりリズムが悪い。14キャプテン和田のシンビン退場となる間にさらに1トライを奪われた。

 

後半

2点差に詰め寄るも

近鉄の猛攻で始まった後半だったが、これを凌いで13ティム・ベネットが今日2本目の速攻トライ。さらに15橋野が2週連続のトライで24-26と2点差に詰め寄った。このまま逆転勝利する勢いだったが、「このままいけると油断したかも知れない。自滅してキヤノンスタイルを出し切れず不完全燃焼だった。」(9福居選手)その後2本のトライを許し今シーズン最後の試合がノーサイドとなった。

コメント

【アンディ・フレンド ヘッドコーチ】
「(シーズンを通して)チームは大きなステップアップができたと思います。特に1stステージではフィットネス、ストレングス、そしてスキルのレベルの向上がはっきり見られました。2ndステージでは反則が多くなってしまい、その点については大いに反省が必要ですが、フォワード、バックス、特に若い日本人選手の進歩には目を見張るものがありました。判断力、ディシプリン、遂行力、この点が来シーズンの成長の課題になると感じています。最後に、選手、スタッフ、そしてファンの皆さんの応援のおかげで素晴らしいシーズンを過ごすことができたことに感謝しています。有難うございました。」

【ゼイン・ヒルトン フォワードコーチ】
「今日の試合はやるべきことができずに終わってしまい、残念な結果となりました。でも今日の試合に限らずフォワードのメンバーは本当に良く戦って、大きな成長を遂げることができました。来シーズンもさらなるステップアップが図れると確信しています。個人的にはキヤノンでの初めてのシーズンを、素晴らしいメンバーとスタッフと一緒にエンジョイすることができました。そんな機会をいただいたことに心から感謝しています。今年経験したことを来年に活かして、プレシーズンからハードにやっていきたいと思っています。引き続き応援を宜しくお願いします。」

これで今シーズンの公式戦が全て終了となりました。
たくさんのご声援をいただき誠に有難うございました。
キヤノンイーグルスはさらなる高みを目指し、皆さんのご期待に沿えるチームになるように頑張ります。来シーズンのキヤノンイーグルスにご期待ください。

【キヤノンイーグルス公式サイト】
http://www.canon-eagles.jp/gameinfo/index.html

【キヤノンイーグルス公式サイト スマートフォン版】
http://www.canon-eagles.jp/sp/

【トップリーグ公式サイト】
http://www.top-league.jp/

監督・選手インタビュー

永友監督
永友監督
「2本返された時に選手たちは動揺していましたが、どんな状況でも普段通りのプレーができることが重要です。今シーズンは間違いなくステップアップしたと思いますが、上位チームとの『あと少しの差』は、選手自身がコントロールできることを肝に銘じて来シーズンを迎えて欲しいと思います。和田キャプテンを中心に選手たちは120%の力を出して本当に良く頑張ってきました。来シーズンは追いかけられる立場にもなるわけですがイーグルス文化を確実に作って参ります。
今シーズンもたくさんのサポーターにお越しいただき、本当に有難うございました。みなさまの応援が大きな力になりました。今後も皆さんに愛されるチームに成長できるように頑張ります。本当に1年間有難うございました。」
和田キャプテン
和田キャプテン
「とても残念な試合でした、1stステージの時よりアタックはできていると思っていましたが、ディフェンスが悪く自分もシンビンになり迷惑をかけてしまいました。しかし間違いなく去年よりは強くなっているので、もっといい試合ができたと思います。そのためにももっとタフになって、来シーズンは今年の続きとしてさらに上がっていくつもりです。今年はたくさんの応援をありがとうございました。来年にはもっと強いイーグルスをお見せ出来るように精進します。」

マッチギャラリー

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら