キヤノン イーグルス 公式サイト

新しい情報を知る

試合情報

2014年11月10日 | 11月8日(土) 釜石シーウェイブスとの練習試合レポート

両チーム合わせて111点!
お互い攻撃面での良さが出た試合、勝負は64対47でイーグルスが勝利

季節外れの台風の影響を受け朝から気温が上がらずどんよりと曇った天気となったが、キヤノンスポーツパークには約200名のファンが来場し予定通り12時にキックオフとなった。
試合展開が早く、点の取り合いとなったこの試合。ファンにとっては後半30分までどちらが勝つかわからないスリリングなゲームとなったが、最後まで攻めの姿勢を持ち続けたキヤノンイーグルスが64対47で勝利した。釜石シーウェイブスのバックスの展開力、セットプレーのうまさ、強さが光った試合でもあった。


■前半

No8嶋田が先制トライ、ゲームは一進一退

開始2分幸先よく今日先発No8の嶋田がど真ん中にトライ、森田のゴールも決まり7対0とリード。8分には釜石に一本返され7対5、続いて19分には釜石にゴール際までモールで攻め込まれ、耐え切れずモールコラプシングの反則をとられ認定トライを献上(7対12)。芦谷にイエローカードが出されシンビン、10分間の退場となった。
いやな流れの中でさらに攻め込まれる場面が続いたが、小野澤のナイスタックルでピンチを逃れた。32分には藤近がトライを決め12対12に追いつき、38分に敵陣深く攻め込み相手反則からクイックスタート、オマールから天野へ渡り右隅にトライ、17対12とした。このまま前半を終えられるかと思ったが、釜石の激しい攻撃からハンドリングミスもあり、前半終了間際に釜石が左隅にトライ、難しい角度からゴールも決め17対19で前半終了となった。

■後半

嫌な流れを断ち切ることができたチームの成長、菅谷が3トライ!

後半は金子、上田、落合、植松、髙城、菅谷が満を持して登場。
後半3分、その菅谷がさっそく右隅にトライ、森田のゴールも決まり24対19と逆転した。しかし今日の釜石は粘り強くすぐにトライを取り返しゴールも成功、24対26とまたまた逆転。勢いに乗る釜石はキヤノン陣内でラインアウトからモールを作り前進、そのままトライ、難しい角度からゴールを決め24対33と点差を広げた
「いやな流れになってもそこから巻き返せるようになったのが今のキヤノン、その点は本当に以前と変わってきたと思います。」(山路)


これ以上点差を広げられると苦しくなるところだったが後半13分に粘り強い連続攻撃から森田が右中間にトライ、ゴールも成功させ31対33と迫り、15分に菅谷が2本目のトライ、ゴールも決まり38対33と再逆転。勢いが出てきたキヤノン、ラックからの球出しも早くテンポの良い連続攻撃ができ、何と菅谷が後半だけで3本目のトライ、ゴールも決まり45対33。
キヤノンの時間が続いていたが、一瞬のスキをつかれ釜石がインターセプト、ハーフウェイ手前から60mを独走されトライ、ゴールを返され点差は1トライに。(45対40)


後半も残り10分を切り、どちらにも転びそうな展開となったが、今日フル出場、何度か良い場面で惜しいプレーがあったオマールが華麗なステップを披露、3人を振り抜きセンターにトライ。ゴールも決まり52対40。
一安心かと思った直後、早いスタートから連続攻撃を受け釜石にトライを許してしまう。
「今日のゲームは点を取った後のリスタートが今一つだった。リスタートの精度を高めることが課題だと思う。」(今日フル出場、大声でチームを引っ張っていた小野澤)
後半37分に、今度はキヤノンフォワードがお返し。相手陣深いところでラインアウトからきれいなモールを作りそのまま押し込んだ。前半でイエローカードを受けた芦谷が意地のトライをあげ57対47と引き離した。最後まで集中力を切らさずキヤノンは粘り強く攻撃を続け終了間際に藤近がダメ押しのトライ。ゴールが決まったところでノーサイドとなった。


■コメント

永友監督
試合に出る機会が少ない選手にとって今日の試合はとても有意義だったと思う。64点取ったことは良いが47点は取られすぎ。今日のゲームを通じていくつかの課題が見えてきた。2ndステージに向けてしっかりと取り組んでいきたい。


ヒッキーHC
チームとして2ndステージに向けた良いスタートになったと思う。Bチームメンバー中心の戦いだったがみんな良くやったと思う。今日の試合はファンにとっては面白い試合だったと思うが、ディフェンスコーチにとってはアンハッピーに違いない。(笑)


菅谷選手
今までも出た試合ではすべてトライをあげてきていますが、今日は3つ取れ良かったと思います。ただ反省すべき点もあり、そのあたりを修正することを忘れずに心がけて行きたいと思います。


清水選手
楽しかったです。久しぶりに試合に出られ(フル出場)、練習試合とはいえ真剣勝負は良いなと思いました。釜石強かったです。


山路選手
8年目にして初めてゲームキャプテンをさせてもらいました。試合に勝てて良かったです。ゲーム中、チームの状態は常に上下してるんです。今日も途中何度か苦しいところがあったけど何とか踏みとどまり、チームを上向きに変えることができました。2ndステージも頑張ります。

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら