キヤノン イーグルス 公式サイト

試合情報を知る

キヤノンイーグルス試合情報 2013-2014シーズン

2013.12.8 | トップリーグ 2ndステージ 12月8日(日)

キヤノンイーグルス 2013.12.8 14:20
鹿児島県 鴨池陸上競技場
東芝 ブレイブルーパス

24

3 前半 9
21 後半 17

26

前半 後半 前半 後半
0 3 3 T 2 0 2
0 3 3 G 2 0 2
1 0 1 PG 4 3 1
0 0 0 DG 0 0 0
NO 選手名 ポジション 選手名 NO
1 菅原崇聖 PR 三上正貴 1
2 山本貢 HO 湯原祐希 2
3 城彰 PR 浅原拓真 3
4 日高駿 LO 梶川喬介 4
5 鷹クロフォードアストン LO 大野均 5
6 アダム・トムソン FL スティーブン・ベイツ 6
7 清水直志 FL リーチマイケル 7
8 マウジョシュア No.8 望月雄太 8
9 福居武 SH 小川高廣 9
10 カラム・ブルース SO 吉田良平 10
11 原田季郎 WTB クーパ・ブーナ 11
12 三友良平 CTB 渡邊太生 12
13 ティム・ベネット CTB 増田慶介 13
14 ハビリロッキー WTB 伊藤真 14
15 和田拓 FB 豊島翔平 15
16 金子大介 リザーブ 森太志 16
17 宍戸要介 リザーブ 久保知大 17
18 山路泰生 リザーブ エストレラ大輔 18
19 ジャスティン・アイブス リザーブ 松田圭祐 19
20 湯澤奨平 リザーブ 山本紘史 20
21 髙城良太 リザーブ 吉田朋生 21
22 アイザイア・トエアバ リザーブ リチャード・カフイ 22
23 田井中啓彰 リザーブ 吉田大樹 23

試合結果

【前半】

前半00分 キヤノンボールのキックオフで試合開始

前半03分 敵陣10mでキヤノンのノックオン

前半05分 東芝のペナルティでキヤノンボールのスクラム

前半11分 PG [0-3]
キヤノンゲートオフサイドで東芝9番のPG成功。東芝3点先制。

前半13分 キヤノン陣営で東芝のノックオンでキヤノンボールスクラム

前半14分 東芝危険なタックルでキヤノンのPG。コンバージョンは三友。わずかに左サイドにはずれ失敗。

前半17分 東芝のラインアウトから、自陣に攻め込まれるが東芝ノックオン。キヤノンボールのスクラム

前半19分 PG [0-6]
キヤノンのペナルティで東芝9番PG成功

前半21分 PG!!! [3-6]
ほぼセンターから山本貢のスローでラインアウト。東芝のインターセプト、続いてキヤノンもインターセプトし敵陣22mラインの攻防。東芝我慢できずにノットロールアウェイ。キヤノン三友のPG成功。

前半29分 キヤノン陣営に攻め込まれ、キヤノンオフサイド。ゴール直前で東芝ボールのスクラム。東芝ゴール直前でノットリリースザボール。ブルースのキックで揺り戻す

前半34分 キヤノン攻め込むがブルースからハビリへのパスがわずかにスローフォワード。東芝のスクラムでリスタート。

前半35分 自陣で東芝ラインアウトからドライビングモール。ところが停止したためキヤノンボールに変わる。

前半38分 東芝にゴール直前まで攻め込まれるがノックオン、キヤノンボールのスクラム。

前半38分 選手交代
ベネット アウト→田井中イン

前半39分 PG [3-9]
前半終了のホーンが響くなか、キヤノンペナルティで東芝のPG成功。前半終了3-9

【後半】

後半00分 東芝ボールでスタート

後半01分 キック攻防で、センターラインからラインアウト。キヤノン山本のスローが東芝にキャッチされる。自陣15mで東芝ボールのスクラム

後半04分 キヤノン陣営22mまで攻め込まれるが東芝のペナルティで、ブルースのキック、センターラインの攻防に

後半08分 ブルースのキックでキヤノンボールのラインアウト(敵陣ゴール5m)

後半10分 選手交代
ブルース アウト→トエアバ イン

後半10分 TRY!!! [10-9]
ドライビングモールでキヤノンのトムソントライ、三友のゴールも成功

後半15分 TRY!!! [17-9]
キックの応酬でどちらが主導権をとるか、最後にハイパンをトエアバがキャッチしてそのままトライ、三友のゴールは成功

後半19分 PG [17-12]
キックラリーの応酬から、キヤノンのペナルティで東芝PG成功

後半19分 TRY [17-19]
東芝ゴールまで5mで東芝ノックオン、キヤノンボールのスクラムからトライを狙うが東芝23番がインターセプトしトライ。ゴールは成功

後半23分 東芝10mラインで東芝ボールラインアウトがノックオンしキヤノンボールスクラム。東芝コラプシングで田井中ラインアウト。マイボールキヤノン。

後半24分 選手交代 福居アウト→髙城イン

後半26分 スクラム後、東芝はゴールを攻め込むがトエアバからロッキーへのパス、惜しくもノックオン。

後半31分 TRY [17-26]
センターライン付近の東芝スクラムから、サイドをついて東芝のトライ。ゴール成功

後半33分 選手交代 山本アウト→金子イン、城アウト→山路イン

後半38分 選手交代 トムソン アウト→アイブス イン

後半38分 TRY!!! [24-26]
敵陣5mでキヤノンのスクラム、トエアバから原田にパスしてトライ、三友ゴール成功

後半40分 ついにホーン24-26で試合終了

試合レポート

試合レポート 写真1 試合レポート 写真1

3度目の正直ならず
東芝の厚い壁にまたも跳ね返される

2ndステージ グループAの第2戦は、過去2回惜敗を強いられている東芝ブレイブルーパス(以下東芝)へのチャレンジ。1stステージでは8対10と肉薄した相手だけに、今度こそ勝ちたい試合だ。

PG2本で先制されたキヤノンだったが、安定したスクラムや連携の取れたディフェンスでトライを許さず、1PGを返して3-9で前半を折り返した。
東芝優勢で始まった後半、2本のトライで逆転したキヤノン。しかしその後1PGと2トライを奪われ17-26と再逆転され残り9分。最後まで攻め続け、試合終了直前に1トライを返したが時すでに遅し。結局24-26とまたも2点差でジャイアント・キリングは果たせなかった。


前半

両チームともノートライ

フォワードを中心にフィジカルの強さを標榜する東芝。しかしキヤノンはこの日も東芝相手に一歩も譲らない戦いを見せた。「先週のNEC戦で自信をつけたので、今日もフィジカルの差は感じなかった。」(マウ ジョシュア選手)しかし自陣でのペナルティやイージーなミスが目立つキヤノンは決定的な場面を作れないまま、逆転を目指して後半へ突入した。


後半

2本のトライで逆転!

トライを奪って早めに逆転を図りたいキヤノンは、敵陣深いところでラインアウトから東芝のお株を奪うようなドライビングモールで押し込み逆転トライ。さらに田井中のハイパントに走り込んだトエアバが、2本目のトライを奪って17-9と点差を広げた。


悔やまれる2点差。簡単には勝たせてくれない
「このまま簡単に勝てるとは思っていなかった。」(鷹アストン クロフォード選手)なんとしてもこのままリードを続けたいキヤノンだったが、東芝の地力はここから発揮された。キヤノンのチャンスボールをインターセプト、さらに得点力の高い外国人選手にロングゲインされ2トライを失った。39分に原田がトライを奪ったが、2点及ばず敗戦となった。

「悔やまれる2点差。簡単には勝たせてくれない。東芝のプレッシャーからミスが出た。でも通用した部分も多く、またディフェンスも悪くなかったと思う。」(今村コーチ)「小さな違いが積み重なった大きな2点だと思う。出し切って負けた1stステージに比べ、今日は勝てる試合を落としたという感じ。自分たちの力が上がったことは実感できた。」(清水選手)

コメント

【アイザイア・トエアバ選手】
「残念な試合でした。ミスが多くペナルティを犯してしまったのが、自分たちに大きな負荷をかける形になった試合でした。でも今日の試合から学んだことは多く、それを次に活かすことが重要です。来週のヤマハとの試合もタフなゲームになることは分かっているので、そこに向けて集中していきます。」

【マウ ジョシュア選手】
「惜しかったです。キヤノンはフィジカルで負けることはなく、前向きに戦うことができました。東芝がフォワードの強いチームなのはわかっていたので、キヤノンもフォワードが良く戦っていいボールが出せました。後輩のリーチ選手とは初めて戦いましたが、僕を狙ってきていましたね。僕たちの戦いはイーブンだったと思います。次のヤマハ戦に向けて早く体を戻して、勝てるように頑張ります。」


これでトップリーグセカンドステージは1勝1敗。この試合で勝点1を獲得し合計6点、現在グループAの5位となっています。

次は12月14日(土)、ヤマハ発動機ジュビロとの試合が、ヤマハスタジアム磐田(静岡県)で行われます。次節も会場に足をお運びいただき、熱い応援をよろしくお願いいたします。


【キヤノンイーグルス公式サイト】
http://www.canon-eagles.jp/gameinfo/index.html

【トップリーグ公式サイト】
http://www.top-league.jp/

監督・選手インタビュー

永友監督
永友監督
「今日もたくさんの応援をいただき、本当に有難うございました。試合の内容は相手にボールを与えるような命取りになるミスが多く、いい負け方ではなかったと思います。この2点差は近いようで遠いことを改めて感じさせられました。一方いい部分もあり差は縮まっていると感じています。リザーブの選手が試合にインパクトを与えてくれたのがいい材料ですね。次のヤマハ戦、2回目でどう戦えるかに真価が問われます。しっかりいい準備をしてまたチャレンジしたいと思います。」
和田キャプテン
和田キャプテン
「『もったいないことをした』と言う感じです。相手の方が上だと思うところがまだ多いのですが、少しずつ近づいていることは実感できました。次のヤマハ戦はまた前回とは別物だと思っているので、すぐに気持ちを切り替えて向かっていきます。今日もたくさんの方に力をいただいたのですが、勝利を届けられず本当に残念です。次の試合でも観に来てくれた皆さんにいい試合をお見せできるように頑張ります。」

マッチギャラリー

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら