キヤノン イーグルス 公式サイト

試合情報を知る

キヤノンイーグルス試合情報 2017-2018シーズン

2017.12.16 | トップリーグ リーグ戦 12月16日(土)

キヤノンイーグルス 2017.12.16 13:00
神奈川県 ニッパツ三ツ沢球技場
NEC グリーンロケッツ

20

3 前半 15
17 後半 10

25

前半 後半 前半 後半
0 2 2 T 3 2 1
0 2 2 G 2 1 1
1 1 2 PG 2 1 1
0 0 0 DG 0 0 0
NO 選手名 ポジション 選手名 NO
1 五十嵐優 PR 榎真生 1
2 設樂哲也 HO 臼井陽亮 2
3 城彰 PR 土井貴弘 3
4 フィリップ・ヴァン・ダー・ウォルト LO 細田佳也 4
5 アニセサムエラ LO 廣澤拓 5
6 杉永亮太 FL 大和田立 6
7 嶋田直人 FL 亀井亮依 7
8 田中真一 No.8 アダム・トムソン 8
9 天野寿紀 SH 木村友憲 9
10 ジャン・クロード・ルース SO 森田洋介 10
11 ホセア・サウマキ WTB 飯山竜太 11
12 三友良平 CTB アマナキ・サヴィエティ 12
13 ティム・ベネット(バイスキャプテン) CTB マリティノ・ネマニ 13
14 藤本健友 WTB 竹中祥 14
15 上原哲 FB 吉廣広征 15
16 金子大介 リザーブ 川村慎 16
17 山本貢 リザーブ 瀧澤直 17
18 東恩納寛太 リザーブ 田中光 18
19 菊谷崇 リザーブ ラトゥイラレプハ 19
20 フィナウ・トゥパ リザーブ ジョージ・リサレ 20
21 荒井康植 リザーブ リー・カドゥ 21
22 田村優 リザーブ 森田茂希 22
23 ハヴィリリチャードアファ リザーブ 釜池真道 23

試合レポート

ボール支配率は上回るも5点差でNECに敗れる

今シーズンの12試合目は、神奈川県 ニッパツ三ツ沢球技場でのホームゲーム。相手は、同じホワイトカンファレンスで4位争いを繰り広げるNECグリーンロケッツ(以下NEC)。必勝を期して戦いに挑んだイーグルスだったが、前半は3-15とリードされて折り返し、後半も23分には2点差まで追い詰めたものの、その後、1トライ、1PGを奪われ追いつくことができず、5点差で敗れた。

前半

カウンターアタックで先制される

前半、風上に立ったイーグルス。キックオフから7分間はNECの連続攻撃を許すなど、序盤は防戦一方だったが、堅いディフェンスでゴールを割らせず。後節に入ってからの“強固なディフェンス”は、この日も健在だった。
しかし21分、相手陣でのハンドリングミスからボールを奪われ、カウンターアタックされて、相手WTBにトライを決められてしまう(G成功で0-7)。

終了間際にもカウンターアタックを許す

この失点で目が覚めたのか、その後は徐々にペースをつかみ始め、33分、17回にもわたる連続攻撃で相手のオフサイドを誘い、SOジャン・クロード・ルースがPGを決めて3点を返した(3-7)。

ところがその5分後、自陣でハイタックルの反則を犯し、PGを決められて点差は再び7点に。さらに前半終了間際、相手陣でのマイボールラインアウトから果敢に攻めるも、ブレイクダウンでボールを奪われ、再びカウンターアタックで失点を喫してしまった(G失敗で3-15)。

後半

ホセア・サウマキが今季10トライ目を挙げる

後半は、イーグルスが最初に点を奪う。17分、相手のミスで獲得したボールを連続攻撃で自陣から敵陣に持ち込み、22m付近でWTB藤本健友が粘り強い突進でディフェンスラインを突破。

ラックからのボールを途中出場のSH荒井康植、SO田村優とつなぎ、最後はWTBホセア・サウマキが今季10個目となるトライを奪って7点を返した(10-15)。

痛い敗戦を喫し、4位浮上はならず

20分過ぎからはイーグルスがゲームを支配。23分には相手オフサイドから得たPKをCTB三友良平が決めて13-15に。その後も連続攻撃を仕掛けたイーグルスだが、得点に結びつけることができなかった。逆に32分、自陣でボールを奪われ、あっさりとトライを奪われてしまう(G成功で13-22)。
さらに37分には、焦りからか自陣でオフサイドの反則を犯しPGを決められて13-25と点差を12点に広げられた。
その1分後、途中出場のCTBハヴィリ リチャードアファのトライと田村のゴールで7点を返した(20-25)ものの、反撃もここまで。4位争いをしているライバルに痛い敗戦を喫してしまった。


監督・選手インタビュー

●今村友基ヘッドコーチ代行

前半、カウンターアタックで2つのトライを許すなど、自分たちのやりたかったことを相手にやられてしまいました。原因は、簡単なミスを繰り返してしまったことと、反則を犯してしまったこと。また、NECの勢いに対して受けてしまったのも敗因のひとつです。全体的にチャレンジしていく姿勢が足りなかったのが残念です。ただ、そんな中でもディフェンスに関しては頑張ってくれました。トライは取られましたが、崩されてのものではなかったし、接点でも素晴らしいファイトをしてくれました。次の試合までに、アタックの精度を上げて、良い準備をしてリコー戦に臨みたいと思います。


●ゲームキャプテンCTBティム・ベネット

イーグルスにもチャンスがあったが、それをものにできなかった。一方、NECはチャンスを確実にものにした。その差が結果となって表れました。NECのほうがハングリーだったという点も、ゲームの流れを左右したのかもしれません。今日は残念な結果に終わってしまいましたが、まだシーズンが終わったわけではありません。シンプルなミスをなくすなど、できることはまだまだあるので、これからの1週間でしっかりと練習をして、次の試合は確実に勝利をものにします。


●この日も献身的なプレーを続けたFL嶋田直人

“良い我慢”ができた時間帯もあったのですが、ボールを奪ってトライを取るぞというときにミスを犯してしまい、最後まで波に乗ることができませんでした。今季は同じようなミスを繰り返して勝利を逃していますが、このままで終わるわけにはいかない。来シーズンにつなげるためにも、もう一度気持ちを切り換えて、自分たちのラグビーができるようにしっかり立て直したいです。


●約1年振りの復帰を果たしたPR東恩納寛太

1年振りの公式戦で少し緊張しましたが、プレーをしているうちに緊張も取れて、全体的には自分のプレーができたと思います。ポジションに関しては、ケガをする前は1番(左PR)をやっていましたが、もともと高校、大学時代は3番(右PR)だったので、まったく問題ありません。
クロスゲームをものにできないというのが今のイーグルス。残り試合も少なくなりましたが、そういうチームを少しでも変えられるように、精一杯頑張るつもりです。


マッチギャラリー

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら