キヤノン イーグルス 公式サイト

新しい情報を知る

練習レポート

2019年5月27日 | NTTコミュニケーションズシャイニングアークスとの練習試合レポート(5月25日 KO13:00)

■5月25日 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス戦

今シーズン最初の対外試合となる練習試合が、アークス浦安パークにて行われました。

20190525 NTTCom


イーグルスは、キックオフ直後に先制トライにより得点しましたが、その後トライを奪われる展開となり、ペナルティーゴールで得点するも前半を10-19 ビハインドで折り返しました。
後半は開始直後にモールからトライを奪うなど反撃を試みましたが、24-50でノーサイドとなりました。

20190525-05.jpg20190525-04.jpg


アリスター・クッツェーHCと、この日のゲームキャプテンを務めた嶋田直人選手のインタビューは次の通りです。


■アリスター・クッツェー HC
アリスター・クッツェーHC まず、チームが無事今シーズンのスタートを切れたことは良かったです。 今はコンディショニングに取り組んでいる時期なので、選手たちは早くゲームを始めたかったと思います。初戦を怪我も少なく乗り越えられたことは良かったと思います。あと良かったこととしては、マッチフィットネスを高めることに取り組めたことです。
結果は常に大切ではありますが、今はそこだけにはフォーカスしていませんでした。マッチフィットネスを培う機会、新加入の選手を見る機会、そしてチームが向上していく機会、として捉えています。それでも、初戦ではありましたがあれだけミスが多かったのは残念でした。
ただ、チームの現状を把握できましたし、新加入選手の良いプレーを見ることもできました。これから取り組まなければいけないことが多いですが、ポジティブに取り組みます。
次戦、サントリー戦に向けての向上を楽しみにしています。


■嶋田直人 ゲームキャプテン
嶋田直人選手 今シーズン初めての試合で、良い「入り」ができたのですけど、ミスとペナルティーが多くて自分たちのペースに出来ず、逆に相手のペースにしてしまい、そのまま失点につながってしまったケースがありました。 一方で、ボールをキープしてアタックできた場面ではトライもとれたし、モールからもトライをとれました。こうした点は自信を持ってやっていきます。相手の陣地で戦っていると相手もペナルティーを犯すので、如何にボールをキープするのかという点が大切です。
今回のミスやペナルティーは、自分たちの「意識」で改善できます。 次のゲームまでの2週間に普段の練習を通して修正していきます。


 
 

これからもトップリーグカップ2019のシーズンインに向けて、イーグルスはチーム一丸となって準備を進めていきます。引き続きイーグルスへの応援をよろしくお願いします。

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら