キヤノン イーグルス 公式サイト

新しい情報を知る

練習レポート

2019年6月10日 | サントリーサンゴリアスとの練習試合レポート(6月8日 KO13:00)

■6月8日 サントリーサンゴリアス戦

今シーズン2試合目の練習試合となるサントリーサンゴリアスとの試合が、サントリー府中スポーツセンターにて行われました。

20190608 サントリーサンゴリアス


キックオフ後、サンゴリアスに2トライを先行され、前半を0点で折り返す苦しい展開となりました。
後半は、湯澤選手、イオンギ選手のトライで追いすがりましたが、14 - 33でノーサイドとなりました。


20190608-02
敵陣を目前にしたラインアウト。


20190608-04.jpg
スピードを活かし、突破を試みる中川和真選手。


20190608-05.jpg
ハードワークを繰り返した田中真一選手。


20190608-06.jpg
新加入の田畑凌選手。


20190608-03.jpg
この日、チーム2本目のトライをあげたイオンギ譲選手。


 
 

アリスター・クッツェーHC、ゲームキャプテンの嶋田選手、天野選手、湯澤選手の試合後コメントは次の通りです。


■アリスター・クッツェー HC
アリスター・クッツェーHC いいテストになりました。パワフルなサントリーと試合することができ、我々にもポジティブな部分がたくさんあったと思います。 コンタクトのところもしっかりとマッチアップできたと思います。 チャンスもたくさん作ることができました。 残念ながら、コリジョンがかかっていないところでの自分たちのミスで、試合をものにすることはできませんでした。 ただチャンスを何度も作れたことは喜ばしいことだと思っています。 今日受けたプレッシャーは、カップ戦に向けてとても良い準備になったと思います。 負けたことには満足していませんが、今日のディフェンス、コンタクト、チャンスを作れたところ、そして選手たちの取り組む姿勢には、ある程度満足できています。 試合の終盤で2トライできたというところは、コンディショニングに取り組んできたところに関して、良い結果が出たと思っています。


■嶋田直人 ゲームキャプテン
嶋田直人選手 試合後の円陣でも言いましたが、「結果が全て」だと思っています。 前半は、チャンスも作れましたが自分たちのミスで自滅してしまいました。 チャンスを作れているのに取り切れていない、という自分たちのまだまだ未熟なところを、しっかりと取りきれるチームになっていかないといけないと思います。 後半は、スコアゾーンでもこだわって、フォワードでトライも取れましたし、練習してきたことでトライが取れました。 このまま自分たちのシステムを信じて、もっとできると信じて、悲観的にならずポジティブにやっていきたいと思います。


■天野寿紀選手
天野寿紀選手 ペナルティで自分たちの首を絞め、その結果負けた、という感じでした。 スクラムにしてもラインアウトにしても、相手のチャンスエリアに入ってから、取り切れなかったシーンが5回あったのですが、そこも含め、勝負という場面で、しっかり点数を取れるチームになれば、もっとよくなると思います。 先週よりうまく行った部分も多かったし、特にコリジョンの部分ではみんなしっかり体を張れていて、いい部分も出ました。 悪い部分は修正して、次に臨みたいと思います。


■湯澤奨平選手
湯澤奨平選手 これまでに練習で積み上げてきたことの中で、思うようにできたことと、できてなかったことがありました。 公式戦までに、もう少し精度を上げていきたいですね。 上手く修正して、チームとして良い状態で次の試合に臨みたいと思います。


 
 

次回(6/15)は、カップ戦開幕前の最後の練習試合を三菱重工相模原ダイナボアーズと行います。場所は、キヤノンスポーツパークです。
応援をよろしくお願いします。

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP
スマートフォン版はこちら