横浜キヤノン イーグルス 公式サイト

Menu
試合情報を知る

キヤノンイーグルス試合情報 2021-2022シーズン

5/1(日) | リーグワン 第15節

横浜キヤノンイーグルス 5/1(日) 14:30
兵庫県 神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
コベルコ神戸スティーラーズ

33

12 前半 17
21 後半 25

42

前半 後半 前半 後半
2 3 5 T 6 3 3
1 3 4 G 3 1 2
0 0 0 PT 0 0 0
0 0 0 DG 0 0 0
0 0 0 PG 2 0 2
NO 選手名 ポジション 選手名 NO
1 岡部崇人 PR 髙尾時流 1
2 庭井祐輔 HO 有田隆平 2
3 津嘉山廉人 PR 山下裕史 3
4 サウマキアマナキ LO 張碩煥 4
5 ソセフォ・ファカタヴァ LO JD・シカリング 5
6 コーバス・ファンダイク FL 橋本皓 6
7 嶋田直人 FL 前田剛 7
8 アマナキ・レレイ・マフィ No.8 アタアタ・モエアキオラ 8
9 荒井康植 SH 中嶋大希 9
10 田村優 SO 李承信 10
11 松井千士 WTB 山下楽平 11
12 梶村祐介 CTB ルカニョ・アム 12
13 ジェシー・クリエル CTB ベン・スミス 13
14 ヴィリアメ・タカヤワ WTB アンダーソンフレイザー 14
15 エスピー・マレー FB 山中亮平 15
16 髙島忍 リザーブ 平原大敬 16
17 シオネ・ハラシリ リザーブ 山本幸輝 17
18 松岡将大 リザーブ 前田翔 18
19 アニセサムエラ リザーブ ジェラード・カウリートゥイオティ 19
20 安井龍太 リザーブ 井上遼 20
21 山菅一史 リザーブ 日和佐篤 21
22 小倉順平 リザーブ ヘイデン・パーカー 22
23 南橋直哉 リザーブ 井関信介 23

試合レポート

イーグルス、勝利が必須の神戸S戦で33-42と痛い敗戦…その後プレーオフ進出を逃す

5月1日(日)、ジャパンラグビー リーグワン ディビジョン1は大詰めの第15節を迎えた。前節終了時点で5位と、プレーオフトーナメント進出の権利が得られる4位に浮上するためには残る2試合とも絶対に負けられない横浜キヤノンイーグルスは、コベルコ神戸スティーラーズ(以下、神戸S)と敵地・神戸総合運動公園ユニバー記念競技場(兵庫県)で対戦した。

第2節はホストスタジアムの日産スタジアムで対戦し、イーグルスが55-21で快勝している。3トライ差以上で得られるボーナスポイントを含む勝ち点5を獲得しており、今回も同じような結果が求められる大事な一戦となった。

5,279名の観客の大半が地元の神戸Sを応援する中イーグルスファンも会場まで多数駆け付け、両チームによる真剣勝負を見届けた。

■前半

先制を許すもNo.8マフィがトライを返し同点に追いつく

まずは先制して試合を優位に進めたいイーグルスだったが、前半7分、自陣でのマイボールラインアウトの失敗を起点に神戸Sに攻められトライを許し、0-7と先制される。

しかし前半11分、すぐさま反撃に転じたイーグルスは敵陣5mラインでのマイボールラインアウトからモールで押し込むと、ボールを保持していたNo.8アマナキ・レレイ・マフィがインゴールへ飛び込んでトライ。FBエスピー・マレーのゴールも成功し、イーグルスは7-7の同点に追いつく。

WTBタカヤワのトライで再び同点に追いつくも5点差にされ後半へ

前半16分には相手に2トライ目を許し7-12と勝ち越されたものの、32分、イーグルスは敵陣5mラインでのマイボールスクラムのチャンスを得る。No.8マフィがサイドアタックを仕掛けインゴール寸前まで前進すると、ラックからSH荒井康植、SO田村優キャプテンとパスをつなぎ、右大外でSO田村のラストパスを受けたWTBヴィリアメ・タカヤワがトライ。12-12と再び同点に追いつく。

しかし前半36分に神戸Sに3トライ目を決められ、スコアは12-17に。イーグルスは5点ビハインドで前半終了を迎える。

■後半

開始早々にCTBクリエルのトライで逆転するも次第に相手の流れに

後半4分、イーグルスはスクラムで得たフリーキックを起点に攻めると、CTBジェシー・クリエルが持ち前の力強いランで相手ディフェンスを突き破り、一気にトライ。19-17と逆転に成功し、従来の勢いを取り戻したかに見えた。

しかしその後も前半と同じようにラインアウトのミスを起点に8分、14分と神戸Sに連続トライを決められると、19分にPG、24分にトライ、27分にPGを決められ19-42と一気に突き放される。

FLハラシリの連続トライで9点差もFB小倉のPGは外れ勝ち点を得られず

それでもイーグルスは後半から出場のFLシオネ・ハラシリが強靭なフィジカルを活かして31分、36分と連続トライを決め、33-42と9点差に迫る。

時間の経過とともに逆転の可能性が潰えると、44分には7点差以内の敗戦で得られるボーナスポイントの獲得を目指して途中出場のFB小倉順平がPGを狙ったものの決まらず、イーグルスは33-42で敗れ、勝ち点を獲得することはできなかった。

イーグルスはその後の他チームの試合結果により、目標としていたプレーオフトーナメントへの進出を逃した。しかし下を向くことなく、最後まで自分たちのスタイルを貫いて勝利を追求し続ける。

最終節はセカンダリーホストエリアの大分県、昭和電工ドーム大分でのホストゲーム。今季のラストゲームでNECグリーンロケッツ東葛に圧勝し、イーグルスの勇姿をファンに披露してシーズンを締めくくる。


<選手・監督インタビュー>

■沢木敬介監督
沢木敬介監督

なかなかリズムに乗れなかったのが今日の敗因です。内容的には我々のラグビーができている時間帯もあった一方でそうでない時間帯もあり、一貫して高いクオリティが出せませんでした。これだけラインアウトが獲得できないとどのチームにも勝てません。準備の段階で選手に落とし込めていなかった我々コーチングスタッフの責任です。最後のPG選択の場面は、そのような状況になった過程によるもので(小倉)順平の責任ではありません。残念な結果ですがまだ試合は残っていますので、次に向けてしっかり成長できるようなゲームにしたいと思います。

■SO田村優キャプテン
田村優キャプテン

強い相手と敵地での対戦ということで、苦しい展開になることは予想していました。まだ勝つだけの実力がないのかもしれない、というのが率直な感想です。セットピースでプレッシャーを受けるだろうとは想定していましたので、アンストラクチャーのシチュエーションから(トライを)獲れればと考えていました。ハーフ団としてはミスを引きずらず、プレッシャーを受けても常に解決策を持てるように、という点を意識していましたが、神戸さんのモメンタムを作る力とスキルの高さを感じました。トップ4はまだ早い、そんなに甘くはないと感じています。

マッチギャラリー

JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
JAPAN RUGBY LEAGUE ONE オフィシャルサイト
TOP LEAGUE オフィシャルサイト
▲TOP

- Official Partner -



 

- Community Partner -


JRFU(財団法人日本ラグビーフットボール協会)
JAPAN RUGBY LEAGUE ONE オフィシャルサイト
TOP LEAGUE オフィシャルサイト